『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寸胴鍋の研究で韓国に行きます
2007年04月29日 (日) 21:03 * 編集
寸胴鍋については、今まで、台湾、オーストラリアと研究をし続けてきた。
それぞれの文化の中で、食生活を支える一つの基盤ツールとして頑張っていた。
ところが、お隣の韓国では少々事情が違うのだろうか…。


韓国生活の七不思議のひとつにラーメン事情がある。韓国人は本当にラーメン好きだ。おやつもラーメン、夜食もラーメン、キムチ鍋にも部隊チゲ(米軍放出のソーセージを入れたところから、そう呼ばれるようになった鍋料理で、今やサラリーマンの定番昼飯メニュー)にもラーメンを入れる。
ところが、すべて、インスタントのちりちりラーメンなのだ。最近も自宅近くに日本系ラーメン屋(もちろん生麺)が開店したものの、店内はガラガラ。ソウルでは札幌ラーメンの店や九州ラーメンの店ができては消えていく。生麺はうけないのに、インスタントの方は「ラーメンサリ」といってちりちり麺だけスーパーで別売りしている。
インスタント・ラーメンは日本発祥だ。今年初めに亡くなった日清食品の創業者、安藤百福会長の発明品だが、今では世界の食糧で、年間生産量は463億食でご飯やパンに次ぐ主食だ。一番、食べているのは中国人で年間159億食。次いでインドネシア人92億食で日本人は52億食だ。さて、韓国人は38億食だが、人口比だと年間80個で堂々たる世界1位である。味付けはもちろん唐辛子の効いた辛口が人気だ。
インスタント・ラーメンは金正日総書記の好物でもある。韓国は昨夏の北の水害のとき、ラーメン2万食を北朝鮮に支援した。でも、何で生麺が受けないの? おかげでソウルのラーメン好き日本人は苦労している。(sankei web 07/4/24)

うむ。
韓国の即席めんである「辛ラーメン」は日本でも売っているし、寸胴鍋も食したことが数度ある。
スープで煮込んで作り、辛味がえらく強いものだ。
煮込むといっても即席めんだ、簡単な鍋でせいぜい5分程度。

そう、即席めんの世界では、寸胴鍋は登場しない。
寸胴鍋が面目躍如活躍するのは、生めんの世界だ。
しかし、この記事によると、韓国では生めんは人気がないという。
韓国における寸胴鍋の実態を研究してみたい。
じゃ、ちょいと行ってくるか。
そんなかんなで、明日から4日間ほど、韓国の寸胴鍋事情を調べることにした。
今週末には、成果の一端をご披露できると思う。



ところで、寸胴鍋は、今年の年頭、月に10本のエントリーをコミットした。
4月は明日で終わりである。なのに、これで3本目である。
コミットはどうするのかって?
ギブアップである。
いや、カルロス・ゴーンの言い訳に習って、このコミットは、一年延期することとしよう(なんとも情けないことである…。トホホ)。



banner_02.gif
さようなら。
2007年03月10日 (土) 22:22 * 編集
先週、愛犬が死んだ。
13歳と半年であった。
鼻の部分にガンができ、一年半くらい前から調子が悪く、今年に入ってからはほぼ寝たきり状態であった。
死んだ翌日、府中市にある慈恵院というペット霊園に葬る。
11時頃に車で遺体を持ち込み、火葬してもらい、お骨を拾い、骨壷に収め、納骨堂へ。
終わったのは、2時くらいだったか。

しかし、ペットといっても、犬になると気持ちの揺れは、人と同様である。
お骨を拾うとき、涙が止まらなかった。
納骨堂には間口1メートル程度、奥行き5メートルくらいの部屋が多くある。
そこに8段くらいの棚があり、それぞれは15センチ幅で仕切られている。
そのスペースを2年間借りることができるとのことである。
骨壷を収めたが、他を見ると愛犬や愛猫の写真が飾られ、或いはペット食品等が供えられている。
翌日、近くの店で写真楯を買い求め、骨壷の前に置いた。

ペットは人の心を癒してくれるが、多くの場合、人より先に死ぬ。
辛いものである。
我が家では、今まで3匹の犬を飼ってきたが、もう飼うことはないだろう。



banner_02.gif
次の携帯
2007年02月10日 (土) 22:52 * 編集
連れが新しい携帯に変えた。
オレンジ色のSO903iである。


so903is.jpg


それまで使っていたのが、ムーバだから、画面(3インチ)の大きさや機能の多さには感嘆である。
さきほど、連れの好みのCDを携帯に転送した。
一度パソコンを経由しての転送となるが、慣れてしまえば簡単だ。
連れ曰く、「ウォークマンは要らないわね」
表現はちょっと古いが、なるほど音楽再生機にも十分だ。
GPSも付いている。
試しに携帯検索機能で携帯のある場所を検索してみると、自宅にぴたりフォーカスした。
デジタルカメラ機能も320万画素である。
寸胴鍋が数年前に買ったキャノンのデジカメS45が、450万画素である。早晩抜かれそうである。
まだまだ、使っていない機能もあるが、よくもこの大きさに詰め込んだものだ。

ところで、ドコモはこの冬、903iシリーズとなった。
最近の報道によると、今年の夏には、904i、冬には、905iになるという。
905iになると、全機種ワンセグ対応となるらしい。
物凄いスピードである。
製品の開発とその玉成が十分ではないまま、発売してしまうことのないようにして欲しいものだ。
些細なことであるが、SO903iも、充電端末のカバーがヤワな造りで非常に気を使う。
いかにも直ぐに折れてしまいそうなプラスチックなのだ。
携帯を購入した翌日には、充電台を買い求めにドコモショップに出かけた。
充電台を使えば、このカバーを開かなくても、充電できるからだ。

さて、寸胴鍋は、次の携帯は、薄型のP703iμかN703iμか、或いは、テレビの見られるSH903iTVがいいなと思っていたが、SO903iもなかなかだ。


(SO903i)


banner_02.gif


初詣で想ったこと
2007年01月01日 (月) 20:27 * 編集
あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

ところで、皆さんは、初詣には行かれましたか。

「俺は、大晦日から明治神宮に行ってきた」
「凄い人手だったでしょう。ご苦労様でした。」

「私は、これから、近くの神社にお参りしてきます。」
「近所の神社、良いですね。」

「私、さっきクリックしてきました。」
「?」
「ネット参拝ですよ。お気軽でお手軽で良いですよ。」

なんと、便利になったものだ。
神社本庁は、「ネット上に神霊は存在しない」と否定的であるが、参拝にいけない人や参拝者の少ない神社にとっては頼れる手段である。
どんなものなのか、ネット参拝ができる神社の一つをご紹介。


<新宮神社>

ところで、寸胴鍋は午後一番で近所の神社に詣でた。
参拝者の列の最後尾から賽銭箱にたどり着くまで1時間30分かかった。
風こそ吹いていなかったものの、曇り空だったこともあって、寒かった。

行列の中にいると、列の前後の人たちの顔を覚えたり、一言二言会話を交わすこともある。
1時間くらい待った頃、そんな一人のおばさんが、何気に言う。
「途中から、列に入るヤツに御利益なんてない。神様はしっかり見ているのだから」

そのときは、なんでこんな発言するのか、分からなかったが、参拝を済ました後、家人が言う。
「途中から列に加わった夫婦者がいたのよ」
「図々しい」

なるほど、寸胴鍋は途中列を抜けて紫煙をくゆらしていたこともあって分からなかったが、すっとぼけて途中から列に加わった者がいて、オバサンは彼らに対して遠まわしに文句を言っていたのだった。
そういえば、途中から見かけない中年夫婦がいたような…。

しかし、気分が悪い。
新年早々、こんなズル、やるかねぇ。
正月から人のいやな面を見せ付けられてしまった。
こんな想いは、ネット参拝なら持つことはなかろう。
自宅のパソコンで願い事をインプットして、メール感覚で発信すればいいのだから。

寒い中でいやな想いをしながら参拝するのと、暖かな部屋でのお手軽なネット参拝。
どちらが願いが叶うのか。
どちらともいえないだろう。
結論は、参拝する人の心の問題だからだ。

「途中から、列に入るヤツに御利益なんてない。神様はしっかり見ているのだから」という、おばさんの一言を信じたい。



banner_02.gif
大晦日恒例 本年の『寸胴鍋の秘密』の総括
2006年12月31日 (日) 21:00 * 編集
当ブログは、昨年の5月3日に開設し、この12月で20ヶ月となった。
昨年の大晦日、05年の当ブログを総括し、「とりあえず書かなくては」という量へのこだわりが強過ぎた。内容、質の向上を来年度への目標としようと書いた。

さて、06年の当ブログはどうだったのか。
今年も総括しよう。


■量的観察

1.月別生産性
・2006年01月 [34]
・2006年02月 [26]
・2006年03月 [13]
・2006年04月 [3]
・2006年05月 [12]
・2006年06月 [8]
・2006年07月 [3]
・2006年08月 [33]
・2006年09月 [16]
・2006年10月 [10]
・2006年11月 [13]
・2006年12月 [12]

4月に部署が変わり、仕事が忙しくなり、生産性は急激に悪化した。
8月に心機一転、やや持ち直したものの、だら下がり状態のまま、終わりそうだ。

昨年の月別平均生産性は、54本に対して、06年は15本。
「とりあえず書かなくては」という量へのこだわりはなくなったとは言える?

■質的観察

○総カウンター数

昨年は、4万強のカウンターで年を終えた。その後、
5万ヒット 1月8日(16日)
6万ヒット 2月11日(33日)
7万ヒット 4月26日(76日)
8万ヒット 5月13日(17日)
9万ヒット  6月8日(26日)
10万ヒツト 8月8日(60日)
11万ヒット 9月7日(29日) 
12万ヒット 10月21日(43日)
13万ヒット 11月20日(29日)
14万ヒツト 12月13日(22日)
15万ヒット 12月14日(1日)

括弧内の数字は、そのヒットまでに要した日数である。
今年一年で10万のカウントとなった。
感謝、感激である。

○もっとも検索されたページは、次。
山地悠紀夫という暗闇(5月7日) 

○一日あたりの最高ヒット数
これは、12月13日の13,124であった。

○コメントとトラックバック数
これらについては、把握できない。
例のFC2のサーバーダウンによって、失われてしまったものが多いからである。

○人気blogランキング最高ランク…31位 (5月13日)
ちなみに、昨年は、30位だった。

■事件

何と言っても、FC2のサーバーダウン事件だ。
その顛末や私憤は以下に。

消えたブログ ~FC2の絶望~ (11月16日)
消えたブログの続報 ~FC2のために~(11月18日)

■総括

さて、総括である。

いくら忙しいとは言え、月間で3本しか更新できなかった月が2回もあった。
いかにも更新が少ない。
自分がよく訪問するブログも更新が楽しみで見に行くわけだ。
と言って、毎日の更新は正直つらいし、できそうもない。
よし、07年の当ブログの目標は、最低でも3日に一回の更新としよう。
月別生産性で最低でも10本。

さて、悲喜こもごもの2006年も、いよいよ数時間となった。
来年は、どのような年になるのだろうか。
良い年にしたいが、まあ、健康であれば良しとしよう。

そして、皆さん、来年もヨロシクなのである。


banner_02.gif
同窓の友と会う
2006年12月06日 (水) 23:54 * 編集
てなことで、今夜、ウン十年ぶりに、その女友達と会った。
寸胴鍋が浪人時代に会ったのが最後だ。

面影はそのままだった。
昔話、今までの生活、今の生活など、酒を飲みながら3時間近く話し込んでしまった。
性格が丸くなったという彼女。
昔は、結構、気が強かった。
その理由も吐露してくれた。

会う前は、見てみたいような見たくないような思いであったが、会って良かった。
自分史の数ページを第三者から語られたようであった。

ウン十年前の最後のデートでは、また会うことを約束しないで別れたが、今回は、日にちこそ決めなかったが、また会うことにした。



banner_02.gif
ジョーバダイエット
2006年12月02日 (土) 17:53 * 編集
先の記事で2007年度の流行語大賞に「ジョーバダイエット」を掲げたが、これには訳がある。
実は、先週の日曜日、ジョーバ6442を購入したのだ。
乗馬運動を室内でできる、コレである。

6442

ここ数年、寸胴鍋は、腹の部分が膨らみ始め、ビヤダルの趣となってきた。
といって、平日は夜遅くの帰還、休日は平日の疲れを取るため、家でゴロゴロ。
こんな生活の継続では、この変形を止めることはできない。
運動するのがベストなのだろうが、元来が運動嫌い。
てなことで、家にいながらの機械を使ってのダイエットの取り組みとなった。

搬入された最初の日、試しにジョーバに10分ほど乗るが、汗をかくこともなく、こんなものかと思った。
しかし、翌日から添付されているDVDの要領に従って運動すると、これが案外キツイ。
うっすら汗もかき、腹や横腹、そして腿が筋肉痛となった。

DVDには、エクササイズコース、ウェストコース、ヒップコース、脚力コースなど、いくつかのコースが紹介されている。
ジョーバに乗った鍛え上げられた女性インストラクターが教えてくれる。

寸胴鍋は、その目的からしてウェストコースを選択している。
ジョーバは、シートが8の字を描き動くが、その動きの中で、シートは前傾したり、後傾したりする。
ウェストコースでは、シートが前傾したとき、乗っている人は骨盤を倒した体型をとる。これが結構、腹筋に効く。
また、シートが後傾したときは、逆に骨盤を起し、股でシートをホールドする。これが、腿の筋肉に効く。
たった15分のコースであるが、この間、いくつかのエクササイズが組み込まれている。
いい汗をかくことになる。

良いこと尽くめのようだが、さらに改善してほしい点もある。
まずは、価格だ。
この6442の定価は186,900円、私は近くの電気屋で買い求め、11万5千円だったが、高い。もう少しこなれた価格にして欲しいと思う。
また、作動音はもう少し小さくして欲しい。夜など、気になるレベルだ。

ところで、同じメーカーからは、廉価版も出ている。
値段やスペース性から判断に悩むところであるが、どうせ買うなら、6442を購入されることをお勧めする。寸胴鍋も廉価版を店頭で試してみたが、機能が少なく、また、ポイントを決めてダイエットするのなら、6442の方が適切な運動を提供してくれると思うからだ。

さて、初めてまだ1週間なので数字となってダイエット効果は表れていないが、幾分腹がすっきりし、姿勢もよくなった気がする。
もうちょい続けてみて、数値に出たら、また紹介してみよう。

効果がかなり出たら、このブログの名前も変えなくてならない。
「文化鍋の秘密」とでもするか。


bunkapot



banner_02.gif
同窓の友
2006年11月26日 (日) 18:08 * 編集
今の時期は同窓会のシーズンなのか。

二週間ほど前、中学校のときの女友達から葉書がきた。
同窓会をするので出席しないかという文面だった。彼女のケータイ番号も付記してあった。
特別な付き合いをしていたわけではないが、ウマの合う仲だった。
浪人の頃には、デートもした。
都合がつかず、欠席の意向を伝えるために、電話してみた。
うん十年ぶりの会話である。
最初こそ、ぎごちないやり取りであったが、少しすると、昔話に花が咲いて、楽しい会話となった。

その二日後、高校時代の仲間から電話がかかってきた。
高校の同窓会に出席してきたという。
寸胴鍋にその案内状が届かなかったのは、住所不明者扱いとなっているからだという。
結婚して一度家を出、また、最近、家を建替えたため、仮住まいをしていた時期があった。そんなかんなで、寸胴鍋には知らされなかった。

あいつは、来たのか。
どういう仕事しているのか。
どんなに変わってしまったのか。
会話は尽きなかった。

そういえば、寸胴鍋は同窓会にはまったく出席していない。
中学、高校とも、過去には何回かの招待があったが、一度も出たことがない。
特段の理由があるわけではないが、少々気恥ずかしい気持ちもあって出ていない。

一昨日、中学の同窓会に出席した女友達から、電話があった。
「同窓会の様子を聞きたいのだろうと思って電話したよ」

なんとかクンのこと覚えている?
じゃ、なんとかサンは?
○○さんは、ずっと独身を守ってきたから、皆の注目よ。
○○クンは、ハラが出て、頭が薄くなって、おっさんね。

あははは。
皆、元気でいるようだ。
しかし、ウン十年も会わずにいるので、寸胴鍋の記憶の中には、皆、中学や高校のときのイメージそのままだ。
あのわがマドンナも、今じゃ、どんなに変わってしまったのか。
見てみたいようで、見たくないような…。

「皆、もう若くないし、」
「子供育ても一段落だし、」
「昔話をして、楽しい時間を過ごしましょうよ。」

てなことで、ウン十年ぶりに、その女友達と会うことにした。



banner_02.gif

個人的なノート ~06年8月~
2006年08月08日 (火) 22:23 * 編集
本日、『寸胴鍋の秘密』は、10万ヒットを記録いたしました。

苦節、15ヶ月であります。
振り返れば、長い道のりでした。
昨年の5月に書き始めたものの、最初の頃は、やっとこさ二桁のアクセスであった。
少し経つと、トラックバックが掛かり始めた。これは嬉しかった。
コメントは励みとなり、自分の考えの浅はかさに赤面したりもした。
そうこうするうちに、アクセス数は徐々に増えていき、12月頃には、一日あたり600以上となり、その月にはトータルで4万ヒットを記録した。
その頃がピークであった。
いまだ破られていない一日あたりの最高アクセス数2,595を記録したのも、12月19日であった。
このままいけば、今年の3月ごろには10万ヒットを達成していたのだろうが、そうはいかなかった。
今年に入って、2月ぐらいから仕事が忙しくなり、4月にはエントリー数が3本と少なくなり、5月にはややぶり返したものの、その後は、6月8本、7月3本とやせ細るばかり、それにつれてアクセス数も激減してしまい、結果的には、本日となってしまった。

しかし、最近、仕事の方もやや落ち着いてきたので、ここで、気分一新、馬力をかけ始めた。
書き始めると、続けずにはいられなくなるのが、プログだ。麻薬のようだ。
日々のアクセスも170~220台とややぶり返してきた。
そして、なんともうれしいことに、人気ブログランキングで久しぶりに30位となった。
これは、『寸胴鍋の秘密』としては、たぶん、タイ記録である。

貧しく矮小な評価軸によるダラダラとした切れのない文であり、その上、有用性もまったくないが、お暇であれば、今後もお付き合いいただきたい。

皆さんのご協力と愛を信じて、次の目標は来年の8月に20万ヒット、人気ブログランキング20位以内としておこう。



banner_02.gif
南紀の旅
2006年05月03日 (水) 18:01 * 編集
5月なのに、もう海開きだという。

和歌山県白浜町の白良浜で3日、海開きがあり、子どもや若者らが初泳ぎを楽しんだ。同町によると、本州で一番早い海開きで、約5000人でにぎわった。
町長らが安全を祈願した後、テープカットを合図に色鮮やかな水着の女性や子どもたちが勢いよく海に駆け込んだ。
午前10時半ごろには気温、水温とも20度まで上昇。砂浜ではビーチフラッグスやフラダンス大会も開かれた。
白浜町は南国イメージをアピールするため、2000年から毎年5月3日に白良浜の海開きをしている。(共同)

実は、昨日まで伊勢、南紀を旅していた。
30日(日)の朝、新幹線で名古屋に行き、名古屋からJRで伊勢市駅へ。そこでレンタカーを借りた。伊勢神宮の外宮を参拝したあと、おはらい町通りを通って伊勢神宮内宮にお参り。パールロードを使って鳥羽に行き、その日はホテルに一泊。夜、ホテルから見た志摩スペイン村の花火が綺麗だった。
翌日は、那智の滝などを見、勝浦へ移動し、旅館で一泊。2日(火)には、橋杭岩(はしぐいいわ)や三段壁を見、白浜まで移動し、車を返却。白浜駅からJRに乗り、新大阪に出て、新幹線で帰ってきた。
今日のニュースは、高速道路の渋滞を報道しているが、昨日まではそんなことはなかった。

旅行中は、ほぼ天気にも恵まれ、暑いくらいだった。
今日、海開きというのもありかなというくらいだった。
車での移動時間が結構掛かったが、渋滞もなく、まあまあの旅であった。

ところで、昨年の5月3日は、当ブログを開始した日である。
飽き性の自分としては、なんとか一年続いたというのが正直なところだ。
特に、今年の3月から4月は書く量がかなり減り、廃刊の危機でもあったが、これは、職場が異動になり、多忙となり、ブログを書く時間が割けなかったから。
今後、数ヶ月は同じような忙しさが続きそうで、更新は少なくなりそうである。
しかし、廃刊することなく継続していきたいと思う。
優しく長い目で見てくださいな。



banner_02.gif