『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人事異動で金を儲ける男
2010年04月14日 (水) 20:50 * 編集
サラリーマンが、なぜ飽きもせず、同じ会社で半世紀近くも働いていけるのかを考えてみると、その一つの理由は、人事異動があるからだろう。
無論、行きたくない部署やしたくない仕事はあるわけだが、誰だって、入社して同じ部署や同じ仕事で40年近くも勤め上げるのは地獄だろう。
今現在、行きたくない部署にいる人やしたくない仕事に従事している人だって、人事異動があるからこそ、その間、我慢すればよいのだと考えようとする。
かように、人事異動とは、サラリーマンにとってリスタートできるチャンス、言ってみれば、希望の星なのだ。
今は4月、新しい部署や新しい仕事に燃えているサラリーマンも多いことだろう。
あてが外れ、嘆いている諸君は、もう少しの我慢だ。



厚生労働省は13日、同僚にニセの人事情報を流して現金100万円をだまし取ったとして、同省統計情報部統計企画調整室長(56)を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。
地方への不本意な異動を取り消す名目で、現金を要求した。室長は同日付で官房付になり、依願退職した。

統計情報部によると、現金をだまし取られたのは、室長と同じ部に所属する1年後輩の男性職員(55)。室長は3月16日昼、同省周辺の喫茶店に後輩職員を呼び出し、「次の人事異動で地方に行く可能性がある」と虚偽の情報を伝えた。室長が「私のつてを使えば、現金100万円で回避できる」と持ちかけると、後輩職員は翌日、現金100万円を室長に手渡した。

室長に人事権はないが、かつて人事担当をしていた。
その後、後輩職員から相談を受けた同部内の同期職員が、今月7日に幹部に通報。事実関係を認めた室長は後輩職員に謝罪し、8日になって現金を全額返却した。(asahi com 4/13)


サラリーマンの希望の星を汚す男がいたものだなあ。
しかも、自分の部下に対してねぇ。
しかし、この室長、ケアが足りない。
人事異動が開示されたあと、後輩職員に対し、「なっ、貴方の地方への異動は回避できたろう。俺のお陰さ」とかなんとか、フォローしておけば良かったのにな。

しかし、金は動かないまでも、会社の中には、人事異動を餌にして策略する輩もいるのだろう。
この室長の発言は、「私のつてを使えば、現金100万円で回避できる」だったが、「私の仲間に入れば、回避できる」とか「○×派閥の誰それを陥れれば、回避できる」なんてのはあるンだろうな。
新聞沙汰にはならないけどね。

「金が必要だった」という室長。
彼は人事異動を飛び越えて、依願退職となってしまった。
たった100万円のために。
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/784-c2e0da2a
・この記事へのトラックバック
* Top *