『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャイナ・フリー
2007年07月15日 (日) 19:32 * 編集
カセイソーダに漬け込んだ段ボールを混ぜた肉まんが評判だ。
段ボールと豚肉の比率は、6対4。
うーん、段ボール入り肉まんというより、これは、肉入り段ボールまん。
しかし、報道によると、4割の肉も病死した豚の肉だといい、作業場には、ハエが飛び回り、調理器具には犬の糞が付着していたものもあったという。

品質管理、衛生管理なんてクソ食らえ。
中国じゃ、儲けるためには、何でもありだ。
ジエチレングリコール入り歯磨き、マラカイトグリーンを使用したウナギ、毒性物質を含むドッグフードや玩具。
何にでも何でもが入っているのが中国製品だ。

寸胴鍋は、以前にも記したが中国製と記載されている食品は、まず買わないことにしているが、最近、頓にこの選択の正しさを感じる。
そんな人がアメリカでも増えているのだろう。チャイナ・フリーなるブランドが、人気だそうだ。
中国製の原材料を使用していない食品を言うらしい。

日本では、自然食品を取り扱う店が支持を集めているが、一般的なスーパーでも、中国産のものを排除した、チャイナ・フリー・コーナーができそうだ。
さらに、販売する商品全てがチャイナ・フリーなんて店が登場してくるかもしれない。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/751-1a63f266
・この記事へのトラックバック
http://bunn.blog9.fc2.com/blog-entry-751.html日本の食料自給率は40%、と先進国では最低の水準だ。自給率が低いために、危険な中国から輸入しなければならないわけで、中国産の「毒食」を排除するためにも自給率を高めることが、結果的には食の安全にもつながる。日本
2007/07/17(火) 00:07:48 * かきなぐりプレス
今度は段ボール入り肉まん・偽ワクチン発覚 中国 食品や薬品の危険性で国際社会の批判が高まっている中国で、新たに偽装肉まんと偽ワクチンが流通していたことが、国営の中国中央テレビ(CCTV)などの報道で12日明らかになった。 北京市当局は先日、違法飲食店の取
2007/07/17(火) 20:49:37 * zara's voice recorder
<記事概要> デボラ・エバノフさんは、両親が1960年代に始めたローテクの玩具...
* Top *