『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シャングリラ3
2007年07月08日 (日) 19:19 * 編集
第一回は、99年の公演だったから、7年ぶりに見に行った。
最初に見たときは、結構、面白かったので、今回も期待して出かけた。


サーカス、シンクロナイズドスイミングが音楽と融合した松任谷由実のライブショー「シャングリラ3―ドルフィンの夢」(中国新聞社、TSSなど主催)が14、15、17日、広島市中区のグリーンアリーナである。初出演するシンクロのヴィルジニー・デデュー(フランス)と武田美保が広島を訪れPRした。一瞬にして水面が舞台に変化する装置や噴水を備え、シンクロとともに幻想的空間を創造する。(中国新聞)

7月7日(土)午後2時開演。
場所は、前回と同様、横浜アリーナだった。
結論から言うと、綺麗にまとまりすぎ、なんか物足りない。
ステージは、例の一瞬にしてプールになるもので、驚かせるし、水面もキラキラ綺麗だし、サーカス団の人たちも精一杯楽しませてくれる。
シンクロスイミングの動きが、あまり合っていないのが気になったが、彼女達も満面の笑みで潜ってくれた。
だけど、途中で飽きてしまい、会場を出て、喫煙所で一服。
喫煙所には、寸胴鍋と同じ理由かどうかは分からなかったが、5名くらいいた。

席に戻って、なんでだろうと考えた。
一つ考えたのは、今回の公演には、笑いがないことだった。
既に記したように、綺麗だし、花火などを使った演出は、驚きも十分だ。
音も大きな会場にしては、まあまあのものだろう。
しかし、笑うところがないのだ。
第一回のシャングリラのときは、そんなことはなかった。
冒頭からくすくす笑いや爆笑する場面があった。
今回は、見事になかった。

行かれた方いますか。
面白かったですか。

寸胴鍋だけが面白くなかったのだとすると、年をとったのかな。


banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/749-0bb71387
・この記事へのトラックバック
* Top *