『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小金井ラーメン街道
2007年04月01日 (日) 21:48 * 編集
愛犬の35日法要で府中の慈恵院へ行く。
静岡あたりでは30度を超えたということもあり、愛車の中は暑く今年初めてエアコンを入れた。
寺の受付で読経の申し込みをし、他の遺族と共に読経いただく。
人様のものとまったく同じで、焼香もした。

法要の前に、連れがたまには上手いラーメンが食べたいというので、出かける前に、目的地近くのラーメン屋をネットで調べてみた。
あの辺だと、江川亭くらいしか思い浮かばない。しかし、ここは寸胴鍋の好みじゃない。
ネットで調べて驚いた。東八道路から新小金井街道あたりを小金井ラーメン街道というそうである。
結構な数のラーメン屋が出店しているようだ。
何軒かの店に目星を着け出発。

結局、東八道路沿いの「無坊」というラーメン屋へ行く。
府中運転免許試験場の直ぐ手前だ。
先ほどまで路駐の取締りをしていたというので、店の少し先にある有料駐車場に車を停めた。
3人くらいの待ち客があったが、10分ほどで店に入れた。
店は、L字型のカウンターのみ10席ほど。
若い店主とアルバイトの若い男性がカウンターの中だ。
10分ほど待つと注文した、「全部乗せ、醤油味」が出てきた。
全部乗せというくらいだから、チャーシュー、ゆで卵、焼き海苔などがてんこ盛りだ。
魚介系の濃厚なスープに中太の麺である。
スープは、結構鰹ぶしが効いている。ドンブリの壁に鰹節の粉末が残るほどだ。
元来、連れはこの類の味が駄目なので、あまり感心していなかったようだが、寸胴鍋は好きな味である。
しかし、難を言えば、麺が少ない。
また、麺がスープの中を泳ぐようにスープの量も多い方が寸胴鍋の好みなのだが、スープもやや少なめ。
しかし、味は寸胴鍋の好みだ。
免許更新時を待つまでもなく、再度行ってみることにしよう。
次は塩味で試してみるか。
他の店も気ンなるナ。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/738-4660d362
・この記事へのトラックバック
* Top *