『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本一長い駅名
2007年03月31日 (土) 20:36 * 編集
寸胴鍋は知らなかった。
「ルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅」という駅名。


日本一長い駅名の一畑電車北松江線「ルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅」(松江市)が、31日の美術館閉館でその座を明け渡すことになりそうだ。トップに戻るとみられる2位の「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」(熊本県南阿蘇村)を運営する南阿蘇鉄道は「狙って返り咲くなら素直に喜べるが…」と複雑な反応だ。
一畑電車によると、元の名前は「古江駅」だったが、2001年の美術館開業で変更された。鉄道ファンの間で人気が出たこともあり、駅名看板をかたどったキーホルダーの売り上げはこの駅が断トツ。しかし、美術館の入館者数の落ち込みが激しく、閉館が決まった。
新しい駅名はまだ決まっていない。美術館側と、優遇策を約束して誘致した松江市の間で訴訟になるなど閉館をめぐって綱引きがあり、一畑電車が様子見を続けてきたためだ。(共同通信社)

短い駅名の代表は、津だろう。これ以上は、短くならない。
しかし、長い名前なら、キリがない。
現時点で一位のルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅は果たして何文字か。
るいす C てぃふぁにーていえんびじゅつかんまええき
25文字である。
これに勝とうとすれば、26文字以上の名前を付ければいいだけだ。
例えば、どうだろうか。こんな駅名を考えてみた。
早稲田大学理工学部前駅、17文字だ。
東京都第二体育館西門前駅、23文字だ。
いずれもありそうな駅名だ。

なんとか、工夫すれば、26文字なんて楽勝ではないか。
まあ、最も長くなれば、使い勝手は悪くなるわけで、吉祥寺は、ジョージになるし、西国分寺は、ニシコクになるし、新宿でさえ、ジュクとなる。
上記の例だって、実際に使われたら、次のように略されるかもしれない。
ソーダイリコー。
ダイニニシモン。

「ルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅」の前は、「古江駅」だったという。
上品にはなったが、駅の景色が見えない名前になってしまった。
市町村の統合後に、表情の良く見えない名前が増えたが、古くからの名前をもっと大事にすべきだろうと思う。
元に戻して、「古江駅」とすべきだろう。
どうしても長い名前が欲しいなら、「元ルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅の古江駅」とでもしたらどうか。
どうせ皆が使うのは、フルエだろうから。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/735-085fec68
・この記事へのトラックバック
* Top *