『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少子高齢化のブレーキ
2007年01月27日 (土) 21:07 * 編集
1.26から1.76へ0.5増やすと、1億人を切らずに済むという。

社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)の特別部会は26日、国民の結婚や出産に関する希望がかなえば、2055年に人口1億人を維持できるとする試算を公表した。昨年末に発表した将来推計人口(現在の出生率などからはじいた数値)では9000万人を切っていた。高齢者の比率も推計人口の41%から35%に低下し少子高齢化にブレーキがかかる。厚労省はこの実現に向け、若年雇用の改善や育児支援に取り組む。
厚労省の調査では、若年層の9割が結婚を望み2人以上の子どもが欲しいと考えている。試算は若者の雇用が安定し、官民の育児支援が手厚くなれば、この希望に近づくと仮定。55年には1人の女性が生涯に産む子どもの平均数(合計特殊出生率)が現在の1.26人から1.76人に回復すると試算した。
この潜在出生率を当てはめると、55年の総人口は1億391万人になり、育児支援策の充実などを織り込んでいない将来推計人口を約1400万人(15.5%)上回る。15歳未満の年少人口の比率も8.4%から12.7%に上昇し、人口構成はやや若返る。(nikkei net)

しかし、問題は、どうしたら0.5増やせるかだ。
何をブレーキとし、さらに何をアクセルとするかが課題だ。
社会保障審議会では、若者の雇用が安定し、官民の育児支援が手厚くなればというが、それだけか。

本日、松江市で開かれた集会で柳沢伯夫厚生労働相は、次のように発言した。
「15~50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、機械と言っては何だけど、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」

ここにいたって、頑張れ頑張れか。
それも、機械呼ばわりして。

これじゃ、日本の少子高齢化、さらに確実に進みますわな。



banner_02.gif
Comment
・馬鹿さ加減に笑えます
この大臣、謝りながらも、つい本音が出たんでしょうね。
たぶん頭ん中では、少子化の原因はクソ生意気な女どもが増えて、子供を産まんなどとほざいているから、だけなんでしょうね。
産まない選択もあり、という社会じゃダメなのでしょうか。
しかし、深刻なのは産みたくても産めない不妊の人たちがたくさんいるという事実は、このおっさんの眼中にはないのでしょう。
2007/01/30(火) 06:55:48 * URL * 蓮花 #-[編集]
・追記
すみません、何度も。

しかし、どこかの党首をはじめとする「女性議員」のみなさんのようにヒステリックなのもどうかと。
ここぞとばかりに「女性蔑視だ!」と大騒ぎするのも、
ドン引きしてしまいます。
どこかの党首さんは自分とこの議員が最近問題発言したのは、軽くスルーしているようですが。

私、変ですかねえ???
2007/01/30(火) 07:13:54 * URL * 蓮花 #-[編集]
・変なのは
本音を吐露したおっさんも、ヒステリックなおばさん達も、悲しくも嘆かわしくも、いずれも、わが国の政治家なんですね。そして、そもそもといえば、私達が選んだわけです。
今回の問題にしても、建設的な意見交換は行われないままに、無為に時間が過ぎ、いつしか国民も忘れてしまう。
蓮花さん、貴方は変じゃありませんよ。
変なのは、もしかすると、ぬるま湯に浸かりきった全ての日本人なのかもしれません。
2007/01/30(火) 21:23:41 * URL * 寸胴鍋 #-[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/716-96117ef0
・この記事へのトラックバック
柳沢厚労相、女性は「産む機械、装置」 柳沢伯夫厚生労働相は27日、松江市で開かれた集会で少子化対策に触れ、「産む機械、装置の数は決まっているから、あとは1人頭で頑張ってもらうしかない」と述べた。 厚労省は昨年12月、人口推計を下方修正。この時、柳沢氏は
2007/01/29(月) 15:48:48 * zara's voice recorder
* Top *