『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24年後の社長
2007年01月24日 (水) 22:03 * 編集
あなたは、あなたの24年後をどのように想像しているだろうか。
その確かさは、どの程度だろうか。


家電量販店「ヤマダ電機」の山田昇社長の長女=当時(26)=の交通死亡事故をめぐり、山田社長と妻が、車を運転していた男性(25)を相手に、逸失利益など計約7億2690万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、前橋地裁であった。小林敬子裁判長は、当時の長女の年収などを参考に算出した約6700万円の支払いを男性に命じた。
山田社長らは、事故当時社長室長(課長相当)だった長女が将来50歳で同社社長に就任するとして、逸失利益は約5億7220万円に上ると算定、慰謝料などを含めて請求した。これに対し、男性側は全労働者の平均賃金を基に算出した約4280万円が妥当な額と主張していた。(時事通信)

人の命に軽重はないというものの、金額的な評価に違いがあるのは事実。
東大生と無名私立大学生とでは、損害賠償金額に差がある。
では、将来、社長となる予定の人物の金額的評価の判決である。

この女性は亡くなったのが、26歳、ヤマダ電機側の言い分では、50歳で社長に就任する計画だったというから、24年後の話である。
しかし、内外環境が激しく変化する時代に、24年後を保証するのは難しい。
インターネットや他の媒体の台頭も考えられる中で、対面販売式の家電量販店というカテゴリーがまだ有効だろうか。
仮に有効だとしても、今でこそ有力な会社がその力を24年間も保持していられるだろうか。

会社の未来なんて、誰も保証してくれない。
当然といえば当然の判決だ。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/714-f96f0a54
・この記事へのトラックバック
* Top *