『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボディスーツと鐘の音
2007年01月01日 (月) 20:35 * 編集
バーチャルという言葉がある。
意味は、実体を伴わないさま。仮想的。疑似的といったものだ。
前項で取り上げたネット参拝もバーチャルに近いのだろうが、どういう手段であれ、参拝できるのだから、本当の意味でのバーチャルではない。

バーチャルとは、簡単にいえば、真(まこと)に近い嘘の世界だろう。

例えば、バーチャルアイドル。
実際には世に存在しないアイドルをコンピューターグラフィック等で描く。
リアリティはあるものの、嘘の世界だ。

バーチャル広告。
大リーグ中継の際、球場のフェンスに日本の企業の広告があり、不思議に思ったことがあったが、これがバーチャル広告である。
デジタル処理により,実在しない画像を映し出すテレビ広告という。
これも、嘘の世界だ。実際の球場には日本の企業の広告などない。

ところで、紅白ストリップ合戦のようだった、昨日の紅白歌合戦。
ボディスーツというアナログツールも見方を変えると、バーチャルなのだろう。真に近い嘘であるから。

寸胴鍋も見ていたが、最初は驚いた。
「ようやるわ。最近の女の子も、NHKも。」
「しかし、彼女ら、なんのテレもないのかねぇ、妙にあっけらかんとしているなぁ」なんて思った時に、嘘に気付いた。
そして、思い出した。

5~6年前、花見に仲間と近くの公園に出かけた。
そこかしこに車座になった泥酔客のグループ。
少しすると、10メートルくらい先にいたグループから歓声が沸いた。
見ると、真っ裸の若い男と若い女が仲間の周りをぐるぐる走り回っていた。
どこを隠すなんて気はなく、大きく手を広げてキャーキャー走っていた。
「すげー見世物だな」「いいもの、見せてもらいました」なんて仲間と興奮したが、これも少しすると、興ざめとなった。
肌色のボディスーツに黒の毛糸を局部にくくりつけただけだと分かった。

なんとも、バーチャルとは思わせぶりなことであるが、便利なバーチャルもある。


<叩けば鳴ります除夜の鐘>

11のお寺の鐘を紹介してくれている。
バーチャルだけあって自分で鐘を撞ける。

一口に鐘と言っても、その音色はいろいろだ。
悲しげなもの。
自信に満ち溢れたもの。
くすんだもの。
輝かしいもの。
内省的なもの。
くぐもったもの。
放つもの。

寸胴鍋は、長谷寺の音色が好みだ。
1日遅れとはなるが、108回叩くことも可能なので、叩いてみてください。
紅白歌合戦の煩悩を消し去るために。

なお、今月一杯までの期限付きなので、お早めに。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/699-af0e8c83
・この記事へのトラックバック
NHKに抗議殺到!OZMAバックダンサーが突然の“全裸” 「第57回NHK紅白歌合戦」が12月31日、東京都渋谷区のNHKホールで行われ、ハプニングが続出した。開チン宣言で注目されたDJ OZMAは、本人の露出度よりも女性バックダンサーの“全裸”で驚かせ
2007/01/03(水) 16:39:22 * zara's voice recorder
* Top *