『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夫婦の始めての仕事
2006年12月28日 (木) 21:01 * 編集
結婚式などで、夫婦初めての仕事と紹介されるのはケーキカットだ。
しかし、この夫婦にとって、始めての仕事とは…。


26日午後1時40分ごろ、福山市駅家町万能倉、万能倉郵便局(松岡一夫局長)に包丁を持った男が押し入り、客の看護師女性(31) を人質にとって「金を出せ」と要求した。男は、男性局員(24)が差し出した現金約1600万円入りの紙袋を奪い、郵便局前に止めてあった女性の軽乗用車で逃走した。調べでは、男は50歳ぐらいで身長160センチ前後。灰色のジャージーか作業服の上下姿でニット帽子を被っていた。(中国新聞 12/26)

翌日、中国新聞は以下のように伝えた。

年の瀬が押し迫り慌ただしさが増す白昼、市北部の町で突然起きた凶悪事件。近くの住民は不安を募らせながら、治安回復に結びつく犯人逮捕を願った。週に1回は同局を利用するという近所の女性(59)は「こんな静かな場所で恐ろしい事件が起きるなんて…」と声を震わせた。

そして、2日経過し、事件は解決する。

「早くお金を出して」。
刃物を突き付けられ、叫んだ人質は容疑者の妻だった。
広島県福山市の郵便局で現金1600万円が奪われた事件で、府中署は28日、強盗などの疑いで無職館山啓二容疑者(50)と、妻で人質を装ったアルバイト事務員の瑞恵容疑者(31)を逮捕した。
2人は事件前日の25日に結婚したばかり。容疑を認め「借金があり、奪った金の一部は返済に充てた」と供述しているという。啓二容疑者の自宅から、奪った金のうち1000万円余りが見つかった。
調べによると、啓二容疑者は26日午後1時40分ごろ、福山市駅家町万能倉の万能倉郵便局に押し入り、客を装った瑞恵容疑者に包丁を突き付けて男性職員(24)を「金を出せ。けがをするぞ」と脅し、1600万円を奪った疑い。(共同通信)

前日に入籍した夫婦の犯行だった。
無職で借金苦の50歳の男とアルバイトの31歳の女。
夫婦始めての仕事は、強盗だった。

結婚するためには、お互いの愛が前提となる。
愛がなければ、結婚はない。
そして、お互いの愛の次に必要なことは、貯金やら今後の収入やらの経済的なバックボーンだろう。
前日に結婚したという、この夫婦は、経済的裏づけを強盗に求めたのだろうか。
何時から強盗の打ち合わせをしていたのだろうか。
二人で練習をしたのだろうか。




追伸:
最新のasahi.comは、「二人は、20日に発生したコンビニ強盗未遂事件への関与もほのめかしている」と伝えている。
結婚する前から、強盗カップルだったようだ。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/696-f838afaa
・この記事へのトラックバック
人質…実は容疑者の妻 郵便局強盗で夫婦逮捕 「早くお金を出して」。刃物を突き付けられ、叫んだ人質は容疑者の妻だった-。広島県福山市の郵便局で現金1600万円が奪われた事件で、府中署は28日、強盗などの疑いで無職館山啓二容疑者(50)=福山市加茂町上加茂=
2006/12/29(金) 12:19:08 * zara's voice recorder
* Top *