『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来年の流行語大賞を予想する
2006年12月02日 (土) 14:46 * 編集
今年は、「イナバウアー」と「品格」だった。出所はスポーツとベストセラー本からだった。

今年の世相を反映し、話題になった言葉に贈られる「ユーキャン新語・流行語大賞」が1日、発表され、トリノ五輪フィギュアスケート金メダリスト、荒川静香さんの「イナバウアー」と、ベストセラー「国家の品格」の著者で数学者、藤原正彦さんの「品格」が年間大賞に選ばれた。
東京都千代田区で開かれた表彰式で、藤原さんは「本を書いたおかげで品格のないことができなくなったのが残念だが、これを区切りに品格のない自分に戻りたい」などと話し、会場の笑いを誘った。
アイスショー出演のため渡米中の荒川さんは「オリンピックの演技とともに、皆さんの記憶にイナバウアーが残ったのは本当にうれしい」と、ビデオで喜びのメッセージを寄せた。
このほかトップテンには、甲子園のマウンドでハンカチで汗をぬぐう姿が話題になった早稲田実業高の斎藤佑樹投手の「ハンカチ王子」、44年ぶりに日本シリーズを制した日本ハム・ヒルマン監督の「シンジラレナ~イ」、「メタボリックシンドローム」「格差社会」「エロカッコイイ」「たらこ・たらこ・たらこ」「脳トレ」「mixi(ミクシィ)」が選ばれた。(読売新聞12月1日)

新語・流行語大賞とは、ホームページによると、1年の間に発生したさまざまな「ことば」のなかで、軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって、広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語を選ぶとともに、その「ことば」に深くかかわった人物・団体を毎年顕彰するもの。1984年から実施している。
そのページには、過去の履歴も掲載されている。「続きを読む」に引用した。ご覧願いたい。

ところで、過去のものを見ると、「軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって、広く大衆の目・口・耳をにぎわせた」というのが実感できる。
出所は、政治、経済、テレビドラマ、CM、スポーツ、ベストセラー本などと区分できようか。

では、来年の流行語大賞を予想することにしよう。

まずもって、言い訳だが、予想するにあたっては、できそうもないものとそうでもない範疇がある。
まず、ベストセラー本やドラマ、CM等を出所とする言葉は、まず、予想できない。
そうだろう。例えば、「バカの壁」、「声に出して読みたい日本語」、「大往生」などを当てるのは、その出版に携わっている方のみができよう。
テレビドラマなどを出所とするものも同様だ。
CMは到底無理だ。「24時間タタカエマスカ」、「5時から男」、「ユンケルンバ ガンバルンバ」、「亭主元気で留守がいい」、「私はコレで会社をやめました」、「ダダーン ボヨヨン ボヨヨン」なんて思いもつかない。
しかし、スポーツや経済等を出所とするものは、今の延長を想像することで予想できないこともない。
例えば、「Godzilla」、「Qちゃん」、「ハマの大魔神」、「イチロー」などだ。
「新規参入」、「貸し剥がし」、「日本版ビッグ・バン」、「価格破壊」、「貸し渋り」なども予想できないこともない。

しかし、言い訳をしたってしょうがない。
想像力の全てを働かせて、07年新語・流行語大賞を予想しよう。


<大賞>
■「とりあえずビール」(サッポロビール)

サッポロビールが夏に発売したビールの商品名。飲み屋でまず、お客が「とりあえず、ビール」と発声することから命名した。客が「とりあえず、ビール」と言うのを、飲み屋の店員が商品名の「とりあえずビール」と勘違いして、爆発的に売れた。サッポロビールは、キリンやアサヒを抜いて、業界トップへ。
■「マサカ」(レッドソックス 松坂大輔)
大リーグ入りした松坂が、まったく活躍できない。最近は登板機会もない。シーズン始めは、マツという愛称で愛されていたが、その後、不振に陥り、最近は、マサカと呼ばれている。日本語の「まさか」から。

<ベスト・テン>
■「温度差景気」

今回の好景気が、「いざなぎ景気」を超え、命名された。好景気らしいのだが、人によって感じ方がまったく異なり温度差があるため、このような名称に。
■「醜い国に」(小沢一郎党首)
民主党の小沢一郎党首が、安倍首相の「美しい国へ」に対抗して執筆した。装丁も醜くあまり売れなかったが、言葉は流行った。
■「天災は忘れたときにやってくる」(神戸市長)
阪神・淡路大震災から11年、神戸の町を震度6強の地震が襲った。しかし、過去の経験が活き、死者ゼロ。
■「北なまり」
北朝鮮の女性アナウンサー、リ・チュンヒさんが韓国に亡命、韓国でアナウンサーとなるが、妙な抑揚が残り、不評。
■「幼児失格」
自殺した3歳児の机から、「幼児失格」という言葉を列記した遺書が見つかる。3歳児が自殺したという事実と共にその遺書の強烈さにより社会に大きな影響を与えた。
■「もう四人ほど大砲が欲しい」(読売巨人軍監督 原辰徳)
小笠原、谷などを補強したにもかかわらず、Bクラスに終わった原監督の弁。
■「3馬鹿大将」
ビートたけし、明石屋さんま、タモリによるバラエティ番組が新登場するも、視聴率が稼げず、2回で放映中止。その番組名。
■「ゲームは人生」
よく「人生はゲーム」と言われる。しかし、最近は、ゲームを楽しむことが人生という人々が増加した。彼らを対象としたゲーム必勝法の映画が放映され、ロングランに。その映画のタイトル。
■「ジョーバ・ダイエット」(ナショナル)
機械に乗っているだけで、ダイエットができると、人気沸騰。
■「吠え~」
「萌え~」の異常発展系の言葉。アキバで目立つ若人のこと。電気街を意味なく吠えまくりながら、歩き回る生態から命名された。


banner_02.gif


以下、今までの新語・流行語大賞の記録。

2005年
小泉劇場
想定内(外)
クールビズ
刺客
ちょいモテオヤジ
フォーー!
富裕層
ブログ
ボビーマジック
萌え~

2004年
チョー気持ちいい
気合だー!
サプライズ
自己責任
新規参入
セカチュー
中二階
「って言うじゃない…」「○○斬り!」「 …残念!!」
負け犬
冬ソナ

2003年
毒まんじゅう
なんでだろう~
マニフェスト
勝ちたいんや!
コメ泥棒
SARS
年収300万円
バカの壁
ビフォーアフター
へぇ~

2002 年
タマちゃん
W杯(中津江村)
貸し剥がし
声に出して読みたい日本語
真珠夫人
ダブル受賞
内部告発
ベッカム様
ムネオハウス
拉致
Godzilla

2001年
米百俵
聖域なき改革
恐れず怯まず捉われず
骨太の方針
ワイドショー内閣
改革の「痛み」
「明日があるさ」
e-ポリティックス
狂牛病
塩爺(しおじい)
ショー・ザ・フラッグ
生物兵器(BC兵器)
抵抗勢力
ドメスティック・バイオレンス(DV)
ブロードバンド
「ヤだねったら、ヤだね」
「人間て、なかなか死なないもんだ」
「ファンの皆さま本当に日本一、おめでとうございます」

2000年
「おっはー」
IT革命
「最高で金 最低でも金」
Qちゃん
ジコチュー(ジコ虫)
一七歳
パラパラ
「めっちゃ悔し~い」
「ワタシ(私)的には…」
「官」対「民」

1999年
ブッチホン
リベンジ
雑草魂
学校(級)崩壊
カリスマ
ミッチー・サッチー
西暦2000年問題
だんご3兄弟
癒し
iモード

1998年
ハマの大魔神
「だっちゅーの」
環境ホルモン
貸し渋り
老人力
ショムニ
モラル・ハザード
「凡人・軍人・変人」
「冷めたピザ」
日本列島総不況
スマイリング・コミュニスト
ボキャ貧

1997年
失楽園(する)
たまごっち
時のアセス
ガーデニング
日本版ビッグ・バン
透明な存在
もののけ(姫)
パパラッチ
マイブーム
郵政3事業

1996年
「自分で自分をほめたい」
友愛/排除の論理
メークドラマ
援助交際
ルーズソックス
チョベリバ
チョベリグ
閉塞感(打開)
アムラー
「ガンと闘うな」(がんもどき理論)
不作為責任

1995年
無党派
NOMO
「がんばろうKOBE」
ライフライン
安全神話
「だ・よ・ね(DA・YO・NE)ま、いっか(MAICCA)」
「変わらなきゃ」
官官接待
「見た目で選んで何が悪いの!」
インターネット

1994年
「すったもんだがありました」
イチロー(効果)
「同情するならカネをくれ」
価格破壊
ヤンママ
新・新党
大往生
人にやさしい政治
契約スチュワーデス
関空(かんくう)
ゴーマニズム
就職氷河期

1993年
Jリーグ
サポーター
新・○○
FA(フリーエージェント)
規制緩和
清貧
天の声
親分
「聞いてないよォ」
お立ち台
2500円スーツ
ウゴウゴ・ルーガ
たま・ひよ(族)
「悪妻は夫をのばす」

1992年
きんさん・ぎんさん
「うれしいような、かなしいような」
「はだかのおつきあい」
ほめ殺し
カード破産
もつ鍋
複合不況
9K
謝長悔長
冬彦さん
「ねェ、チューして」
上申書
宇宙授業
歌手の小金沢クン
ツインピークス
「Time for change」

1991年
「…じゃあ~りませんか」
火砕流
「ひとめぼれ」
八月革命
川崎劇場
地球にやさしい
紺ブレ
若貴
重大な決意
損失補填
「僕は死にましぇ~ん」
「ダダーン ボヨヨン ボヨヨン」
ダンス甲子園
チャネリング
雅美さん、雅子さん、たぬき顔

1990年
ファジィ
“ブッシュ”ホン
オヤジギャル
アッシーくん
ちびまる子ちゃん(現象)
バブル経済
一番搾り
パスポートサイズ
愛される理由
昭和生まれの明治男
「気象観測史上(はじめての…)」
スペシャルゲスト

1989年
セクシャル・ハラスメント
Hanako
DODA/デューダ(する)
まじめ×ゆかい
濡れ落葉
オバタリアン/オバタリアン(旋風)
ケジメ
「24時間タタカエマスカ」
イカ天
「こんなん出ましたけど~」
『壁』開放
平成
NOと言える日本

1988年
ペレストロイカ
ハナモク
トマト銀行
遠赤(効果)
カイワレ族
「今宵はここまでに(いたしとうござりまする)」
ドライ戦争
シーマ(現象)
アグネス論争
5時から(男)
しょうゆ顔・ソース顔
一村一品/ヒューマン・ブランド
「ユンケルンバ ガンバルンバ」
「ふつうは“汚職”と申します」

1987年
マルサ
JR
第二電電
サラダ記念日
朝シャン(モーニング・シャンプー)
ノリサメ
懲りない○○
「なんぎやなぁ」
ゴクミ
マンガ日本経済入門
ワンフィンガー ツーフィンガー
サンキューセット
“国際”国家
鉄人

1986年
究極
激辛
ファミコン
川の手
家庭内離婚
アークヒルズ
新人類
知的水準
「亭主元気で留守がいい」
おニャン子
「プッツン」
「やるしかない」
150円台
「バクハツだ!」「なんだかわからない」
地揚げ・底地買い

1985年
分衆
パフォーマンス
NTT
キャバクラ
言語戦略
ネバカ
「イッキ!イッキ!」
トラキチ
角抜き
「私はコレで会社をやめました」
「投げたらアカン」
100ドルショッピング
「愛しているからチラいのよ」
テレビ番組「ひょうきん族」から発する各種流行語

1984年
オシンドローム
鈴虫発言
スキゾ・パラノ
特殊浴場
まるきん まるび
くれない族
疑惑
千円パック
「す・ご・い・で・す・ネッ」
「教官!」
Comment
・流行語の予想
『KAIBUTSU』か『MONSTAR』
(松坂の米でのニックネーム)
『復党選挙』『地デジ』『ワンセグ』『汚職』
(今の話題かな?)
『直前否認』
(村上ファンドとか……ホリえもんもでしたっけ?)
『寸胴鍋の秘密』
(願望)
2006/12/03(日) 01:41:50 * URL * ガーディアン #-[編集]
・確実に予想できるもの
ガーディアンさん、コメントありがとう。
来年の流行語を予想するのは難しいですよね。
しかし、確実に予想できるものもあります。
『寸胴鍋の秘密』は絶対にありません。
でわでわ。
2006/12/03(日) 13:27:55 * URL * 寸胴鍋 #-[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/686-c4ce5879
・この記事へのトラックバック
「ユーキャン新語・流行語大賞 2006」が12月1日に発表されました。 大賞は「...
2006/12/02(土) 20:06:25 * 新・だんなの屋根裏部屋
さあ,長々と予想記事を連ねている間にブログランキングは下がるわ,○○系のことをいじったせいで予想通りスパムTBが短時間の間に7件集中してやってくるわで散々だった「ユーキャン新語・流行語大賞」ネタ。さあ,各社ニュース配信はまだですが,公式HPでは大賞とトップテ
2006/12/02(土) 20:18:36 * D.D.のたわごと
新語・流行語大賞に「イナバウアー」と「品格」 この1年の世相を反映し、話題になった言葉を選ぶ「ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が1日、発表された。年間大賞には、トリノ五輪金メダリスト荒川静香選手の「イナバウアー」と、ベストセラー
2006/12/03(日) 21:21:01 * zara's voice recorder
松坂大輔投手の大リーグ初球はこれだ!
2006/12/15(金) 17:17:09 * YouTube動画芸能界の000
* Top *