『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■敗者の改革
2006年10月29日 (日) 12:35 * 編集
新庄一色になってしまったかのような日本シリーズ。
北海道はお祭り騒ぎのようだが、敗れたチームは、すでに来年に向け、動き始めた。

負けた日、その男は、次のように語った。


「日本シリーズという雰囲気を持ってなかったね。何でなのかは分からないけど。この1年、よく戦ったとは思う。ハムに負けたというより、52年という厚いカベにはね返されたという現状だな」

「オレの契約は10月31日まで。オーナーに3年間の報告をするとき、進退伺を出す。その先は球団がどう考えているか。4年目もやれと言われたときはやるし、お疲れさんと言われればやめる。これが契約社会。今月中にはハッキリさせる」

「このチームが本当の意味で強くなるには、あと2、3年はかかる。確かに強くはなった。でも、スポーツってのは強い者が必ず勝つわけじゃない。勝つチームをつくらなきゃ」

そして、早速、その勝つチーム作りが始まった。

27日、まず、佐藤道郎2軍監督、原伸次打撃コーチ、山崎章弘ブルペン担当コーチをクビにした。
そして、28日、川岸強投手、高橋光信内野手、桜井嘉実外野手と長嶋清幸作戦外野守備走塁コーチ、秦真司捕手コーチをクビにした。

これに対して、長嶋コーチが噛み付いた。


「球団が全部話してもいいと言ったから話すわ。クビだよ、クビ。監督がいらないと言ったからじゃないの。球団からは“政権が代わったら戻って来てほしい”と言われたけどね。球団も(監督に)不信を抱いているよ」

「オレからきのう監督に電話して“今後に生かしたいから何がダメだったか教えてほしい”と言ったら“口が裂けても言えない。墓場まで持って行く”と言われたよ」

「優勝したのに前代未聞だろうな。他の方々はチームに残るんだから。監督は就任した時に“仲良し”チームはつくらないと言ったのに、公私混同はなはだしい」

「オレと高代さんの仲が悪いのは選手もみんな知っている。年下なのにいろいろと意見したことが気にいらなかったんだろ。でも選手をマイナス方向へ動かしたことはない。コーチが意見を出して決定するのは監督。やっかみだよな」

これに対し、その男は、次のように反論した。

「仲良し集団というのは本人の思いこみだ」

「派閥争いに負けたわけでも、実力がなかったわけでもない」

「2007年体制をつくるため、06年の契約が満了しただけ。フロントと話し合いを進めた中で決まったこと。3年でひと区切り。それを理解してくれていない」

組織が、さらに強くなろうとするため諸々を改革するのは当然であるにしても、長島コーチの発言を信じれば、この男の下で働くコーチ達は、イエスマンであることが条件なのだろう。

セリーグを征したとき、その男は涙し、言葉を詰まらせつつ、こう語っていた。


「苦しい練習をさせてきた。優勝しなきゃいけない、させなきゃいけないと思っていた。阪神の追い込みはきつかった。絶対に泣くまいと思っていたが、わたしが一番早かった。素晴らしい選手に恵まれて本当にありがたい」

こんなときは、サポートくれたコーチ達も持ち上げるはずだと思うのは穿った見方か。

白井オーナーは、「来季もやってもらうよう、頼もうと思っている」と語っている。

強いチームから、勝つチームへの変身。
タラレバであるが、中日が日本シリーズで勝っていたら、景色はまったく違ったものになったのだろうか。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/623-0bde8d20
・この記事へのトラックバック
* Top *