『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■未履修
2006年10月31日 (火) 22:44 * 編集
高校の必修科目の未履修問題は、私立を合わせ、500校、人数で8万人前後になるという。
有名な灘高校でも、3年生全員が履修漏れだった。
困った学校の中には、けったいな解決策を考えるところも出てきた。
しかし、ヨリによって、これはまずいだろう。


埼玉県狭山市の私立西武文理高校が2004年度から、2年生のオーストラリアへの修学旅行(6泊7日)を世界史Bの授業に換算していたことが31日、分かった。
同校によると、昨年度の豪州修学旅行には、2年生約100人が参加。同校は、旅行前後の学習やリポート作成などを合わせ、世界史Bを履修したと認定した。いずれも理系の生徒で、実際には数学、化学、英語の授業を行っていた。
同校は「現地では大学や史跡を訪れた。1日約8時間の集中講義と解釈した」と釈明したが、県学事課は「修学旅行は特別活動の一環。単位とは認められない」として、未履修と判断した。(共同)

海外への修学旅行が、世界史Bの履修なら、国内の修学旅行は、日本史の履修か。
オーストラリアではコアラを観察したので、生物の履修、もちろん、現地の方と英会話に努めたので、英語の履修…。
こりゃキリがないわな。


高校は大学の予備校になっていたわけだ。
日本の病巣の一つは、有名大学を出て、一流企業に就職するという生き方が一番良いことだと皆が信じていることだと思ってきたが、まだまだ、これは信奉されているのだねぇ。

未履修の生徒に不利のないように対応すべきだという意見もあるが、寸胴鍋は、未履修の生徒は、卒業までに決められた時間通りに授業を受けるべきだと思う。
履修してきた生徒達の不利益を補うにはこれしかない。

しかし、学校ぐるみでよくやるね。
いじめの問題でも学校ぐるみで隠しまくっている。
記者会見に臨む校長達は、何に怯え、何を隠そうとするのか。
何を優先すべき価値観としているのか。

狭く陰湿な教育現場。
ここにも確実に日本の病巣がある。
未履修の学科があるのかもしれない。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/622-9b904e3b
・この記事へのトラックバック
* Top *