『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニコニコとニヤニヤ
2006年10月05日 (木) 21:50 * 編集
聞き間違いは、良くあることだ。
しかし、TPOを間違えると、とんでもないことになる。


子供連れの母親に「誘拐するぞ」と声を掛け脅したとして脅迫罪に問われた近畿大助教授入川松博被告(56)=休職中=に対し、奈良地裁の松井修裁判官は5日、「被害者の供述は知覚・記憶の正確性などに疑問が残る」と述べ、無罪(求刑罰金20万円)判決を言い渡した。(時事通信)

「誘拐するぞ」という発言は、母親の聞き間違いの可能性があるらしい。

今回の事件には、いくつかの伏線があった。
まず、現場が、以前、誘拐され殺害された小1女児の自宅近くだったこと。
母親が、被告がニヤニヤして近づいてきたとして恐怖感を持ったことなどである。

しかし、この助教授は、実際には走ってきた長男に「止まってママを待つように」と言い、母親には「子供から目を離してはいけない」と注意したらしい。
これが真実だとすれば、まあ、通常であれば、助教授は親子に対して、ニコニコしながら言うはずだ。
しかし、母親にとっては、ニコニコではなく、ニヤニヤに見えたらしい。

ニコニコとニヤニヤの違いはどこにあるのだろうか。
笑う側の意識には大きく差があるが、見え方としては、それほど相違はない。
実際、試してみて欲しい。

まず、ニコニコして欲しい。ニコニコだ。
次に、ニヤニヤしてみて欲しい。ニヤニヤだ。
連れの方がいらっしゃるのであれば、その方にどっちがニコニコなのか当てて欲しいとお願いしてみて欲しい。
たぶん、それほどあたらないはずだ。

しかし、連れの方に「じゃ、次はニヤニヤだよ」と伝えてから、ニヤニヤ笑えば、100%正解するはずだ。
つまり、実は、ニコニコとニヤニヤの差は、見る側の意識にあるのだ。
だから、笑う側が親密さを込めてニコニコであっても、見る側にその人に対して良くない印象を持っていれば、ニヤニヤに感じられ、笑う側に厭らしい思いがあってニヤニヤでも、いい関係ができていれば、ニコニコになるのだ。

いろいろな笑い方があるが、ほぼ他人に誤解なく伝わる笑い方は、爆笑だろう。
これは、誤解されずらい。

しかし、これとて今回の事件のシチュエーションで行えば、奇人の扱いを受けただろう。
かといって、無表情で今回の対応をしていたら、変人だ。
ことほど、かように人のコミュニケーションというものは難しい。

しかし、人生を愉快にしてくれるのは、人には、以心伝心といった素晴らしい一面もあることだ。
人とは、かの人と以心伝心の世界を作りたくて、人生を生きているようだ。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/605-72b24041
・この記事へのトラックバック
* Top *