『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
oxytocin
2005年06月03日 (金) 23:15 * 編集
私は人から信頼されない男である。だれも信じてくれない。
おなじことを言ってもヤツは信頼され、私は、信用されない。
どうやら、私にはオキシトシンが少ないようだ。
脳内で作られるホルモンの一種「オキシトシン」に、人間に対する信頼感を強める働きのあることをスイスのチューリヒ大学などの研究チームが実験で確認、2日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
研究チームは、58人の男子学生を対象に、合成したオキシトシンと偽薬を鼻に噴霧し、受託人(他人)にお金を預ける投資ゲームを行い、受託人を信頼し、どのくらいお金を預けるかを比較した。
オキシトシンを噴霧されたグループの45%が、もっとも高い投資額を選んで受託人に預け、最も低い額を投資したのは21%だった。これに対し、偽薬を受けたグループの45%はもっとも低い投資額を選び、最も高い額を投資したのは21%だった。
受託人をコンピューターに置き換えた場合は、預ける投資額に差は無かった。
研究チームは「人を信頼できなかったり、逆に警戒心がきわめて薄いような症状への治療にオキシトシンが役立つ」としているが、一方で、悪用の危険性も無視できないとしている。(読売6月2日)

-------------------------------------------------------
オキシトシンを広辞苑で調べると…。
脳下垂体後葉ホルモンの一種。子宮筋に収縮を起こさせ、分娩を促すほか、乳腺の平滑筋を収縮させて乳汁の分泌を促す。哺乳類に広く分布。子宮収縮ホルモン。
良く分からない。
いずれにしても、合成オキシトシンとやらは、どこで手に入るのだ?



一日一膳。一日一押。
banner_03.gif

Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/60-4fe34c8e
・この記事へのトラックバック
* Top *