『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酩酊の夜の反省
2006年09月17日 (日) 18:51 * 編集
15日の金曜日の夜、久しぶりに、しこたま飲んだ。
一軒目の蕎麦屋で、生ビール一杯、日本酒3合。
二軒目のバーで、ウィスキーのオンザロックをツーフィンガーで3杯程度。
結構な酩酊状態となった。午前様となり、タクシーでのご帰還となった。
いつもは車通勤であるが、あらかじめの飲み会なので、電車での出社。
「飲むなら乗るな」の実践であるが、しかし、世の中では、あの事故の後でも、これが止まない。


岡山県警井原署の巡査部長(60)が出勤時に飲酒運転した疑いがあるとして、県警監察課から事情聴取を受けていたことが17日、分かった。
監察課などによると、巡査部長は15日午後9時すぎ、住居兼用の駐在所から留置管理業務のため十数キロ離れた井原署に向け出発、午後10時前に署に着いた。勤務は午後9時からだった。
署に到着後、同僚が不審に思い、上司が問い詰めたところ、焼酎を飲んで運転したと認め、呼気1リットル中0.5ミリグラムのアルコールが検出された。道交法では0.15ミリグラム以上で酒気帯び運転とされる。
県警監察課は「事実を確認中。事実であれば厳正に処分する」としている。
この日は全国一斉飲酒運転取り締まり強化週間中で、岡山県警も各地で検問していた。(sankei web)

取り締まりを行うべき警察がこの状況だから、推して知るべしである。

ところで、この記事に、呼気1リットル中0.5ミリグラムのアルコールが検出されたとある。
海の中道大橋事故の今林容疑者は、事故後に、友人に持って来させた水を飲んだうえで呼気検査を受け、呼気1リットル当たり0.25ミリグラムのアルコールが検出されているが、水を飲まなければ、事故当時は0.5ミリグラム程度あったのではないかといわれている。
この呼気1リットル中のアルコール濃度はどのようなものか。

道路交通法によると、飲酒の量にかかわらず酒に酔って、正常な運転ができないおそれがある状態で運転する行為を「酒酔い運転」とし、懲役3年以下、又は罰金50万円以下の罰則となり、免許取り消し2年となる。
また、酒酔い状態は認められないものの、呼気1リットル中0.15mg以上または、血液1ミリリットル中0.3mg以上のアルコールを身体に保有した状態で運転する行為を「酒気帯び運転」としている。
また、酒気帯び運転の場合は、懲役1年以下又は罰金30万円以下の罰則である。
呼気1リットル中のアルコール濃度0.15mg~0.25mg(血液1ミリリットル中0.3mg以上0.5mg未満)の場合は、免許停止(6点)。
呼気1リットル中のアルコール濃度0.25mg以上(血液1ミリリットル中0.5mg以上)だと、免許停止(13点)となる。

血液1ミリリットル中のアルコール濃度の算式がある。
血中アルコール濃度(%)=<飲酒量(ml)×アルコール度数(%)>÷<833×体重(kg)>
呼気中の濃度は、血中濃度(mg/ml)の2倍である。

これを自動計算してくれるホームページがある。


(サントリーホームページ)

これで測定すると、金曜日の夜、寸胴鍋の血中アルコール濃度は、0.35%と出た。診断としては、酩酊ではなく、泥酔と出た。
コメントには、『命にかかわる「かなり危険な状態」に近づいています。このような状態になるまで飲むのはやめましょう。「イッキ飲み」でいきなり泥酔期に入ってしまうケースもあります』とある。

Wikipediaにもアルコール濃度に関するデータがあった。
0.40% 昏睡、死
0.30% 昏睡期: 意識の喪失
0.20% 泥酔期: 錯乱、記憶力の低下、重い運動機能障害(立つことができない等)
0.10% 酩酊期: 運動の協調性の明らかな障害(まっすぐに歩けない等)
0.08% 運動の協調性の低下,反射の遅れ
0.05% ほろ酔い期: 陽気,気分の発揚

おいおい、俺は、危なく死ぬところだったのか(いや実際、翌日は死んでいた)。
まあ、午後7時から飲み始めて、終了したのが午前1時だから、約6時間かけて飲んだ量である。全ての飲み物を一気に飲んだわけではないから、単純に足し算すると0.35%になるのだろうが、実際には違う数字になると思う(酒飲みの悲しき主張)。

酒気帯び運転となる呼気中のアルコール濃度0.15mgとは、血中アルコール濃度でいうと、0.03%に相当する。これは、缶ビール1本である。また、瓶ビール1本のアルコールを分解するには3~4時間もかかるという。
あらためて、「飲むなら乗るな。乗るなら飲むな」である。



banner_02.gif
Comment
・豆知識…でもない
胃が空っぽの状態にアルコールを入れると酔いやすくなってしまいますので、乾杯しても飲むのを少しだけにしておつまみを少しでも食べてからにすると酔いにくく、血中アルコールも上がりにくくなります。体脂肪も同じく、空腹時に高カロリーや糖分の物を食べると脂肪になりやすいので、まず野菜等を取るといいです。逆に疲れて空腹の時にハチミツ等を取るとエネルギーになりやすいのでまだまだこれからという時に試してみてください。僕は土日と文化祭でコキ使われて(女子の言う事は逆らえないなぁ)昨日の夜⑨時から⑭時間ブッ通しで寝たところ筋肉痛にて立つ事が困難な状況です。
2006/09/18(月) 13:33:37 * URL * ガーディアン #-[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/599-d28c23a3
・この記事へのトラックバック
* Top *