『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨晩の雷で考えたこと
2006年09月11日 (月) 21:45 * 編集
まあ、凄い音と雨の量だった。
雨の量はまだしも、雷の音は生まれて初めて聞く音だった。


関東地方は東京や千葉、埼玉、神奈川各都県を中心に11日未明から朝にかけて、雷を伴った激しい雨が降り、各地で停電の発生や家屋の浸水などの被害が出た。
気象庁や東京電力などによると、前線の影響で埼玉県では1時間に50ミリを超える激しい雨が降り、さいたま市や鴻巣市などの計約2000戸で落雷のため停電した。
神奈川県などによると、横浜や藤沢、茅ケ崎各市で計約2600戸が停電した。
東京都西東京市では2棟が床上浸水。都内各地でも停電があった。(共同通信)

雷の音で目が覚めた。
午前3時を少し過ぎたところだった。
ここ数年、雷の音が変わってきたなとは感じていたが、昨晩のそれは、今までの雷の音とはまったく違う音だった。
強力な高射砲を何台も並べ、撃っているかのような音であった。
雷は好きではないが、あれだけの恐怖を感じたのは初めてだ。

今日の報道によると、関東地方南部に湿った温かい空気が入り込んでいたところに、秋雨前線が南下してきたため、大気が不安定な状況になったというが、そんな一過性の理由ではないはず。

これは地球温暖化の影響だ、勝手放題してきた人類に対して、地球のご機嫌はもう直らない、と寝ぼけた頭で思った。



banner_02.gif
Comment
・同じく
まったく同じ頃、僕も雷で目が覚め、これは凄いと思い、再び眠りに落ちたほどです。かつてウチの近くに落ちて、近所のスーパーの自動ドアが開かなくなったり、家電が壊れた家が⑤~⑥件もありました。中には家電が全滅してしまったのが①件あります。あのまばゆい閃光と今まで聞いた事のない大きな音は未だに忘れられません。なんの前触れもなく急に『ドン』『ピカ』ですから。あまりに近くで落ちたので光と音が一緒だったのです。
人間は『小』の虫を生かして『大』の虫を殺しつつあるのかもしれません。
2006/09/11(月) 22:42:17 * URL * ガーディアン #-[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/597-98291ebb
・この記事へのトラックバック
* Top *