『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カー容疑者の疑義
2006年08月19日 (土) 11:37 * 編集
ジョンベネ殺害事件の犯人とされたジョン・マーク・カー容疑者に対する疑義が一気に飛び出してきた。

米コロラド州ボルダーで1996年、美少女コンテストで優勝したジョンベネ・ラムジーちゃん(当時6歳)が殺害された事件で、容疑者としてタイで逮捕された元小学校教師ジョン・マーク・カー(41)が、本当に事件に関与していたのか、疑問が持ち上がっている。米捜査当局も詳細を公表せず、慎重な姿勢を見せている。
カー容疑者は17日、拘束されたタイ・バンコクで、ジョンベネちゃんの殺害に関わったと告白、「彼女を愛していた。死んだのは事故だ」と説明した。米捜査当局は、同容疑者を殺人と誘拐、性的虐待の容疑で逮捕し、本国へ送還して、詳しく取り調べる予定。
一方、カー容疑者の家族や元妻が、事件関与には疑問があると主張している。
兄弟のネイトさんはアトランタのテレビ局に、「殺人者だなんて、ばかばかしい」と述べ、家族は18日もカー容疑者に関する情報を提供する予定だと語った。
また、元妻のララ・カーさんも、カー容疑者がジョンベネちゃんを殺したのは疑わしいと発言。カー容疑者と別れた理由が、カー容疑者の幼児ポルノ趣味だったが、ジョンベネちゃんが殺された96年のクリスマス休暇は、カー容疑者とアラバマ州でずっと一緒だったと話している。(CNN)

疑義は大きく次の二つだ。
一つは、カー容疑者の事件当日のアリバイだ。
元妻のララさんが、事件が起きた96年のクリスマス休暇は容疑者とアラバマで過ごしていたと発言しているのだ。アラバマから事件の起きたボルダーまでは、2000キロの距離があるという。
なお、カー容疑者は、小学校教師をしていた01年に児童ポルノを所持していたとして逮捕され、教師を解雇となり、それを契機に離婚している。
2つ目は、殺害にいたる経緯だ。
カー容疑者は「ジョンベネちゃんに薬を飲ませた上で暴行した」と供述しているが、ジョンベネちゃんの遺体からは薬物反応は出ていない点である。

また、今回、逮捕のきっかけとなったのは、カー容疑者が4年前から米コロラド州の大学教授と交わした数百通の電子メールの中で、犯人しか知り得ない事実の記載があったことだといわれている。
しかし、カー容疑者の妻や家族は、カー容疑者はこの事件について異様な興味を示し、ありとあらゆる資料を読みまくっていたという。この中で犯人しか知り得ない事実に近いことを知ったのかもしれないと述べている。

彼は、今週末にアメリカに移送される予定である。
その後、ジョンベネちゃんの下着に残っていた犯人の体液と容疑者のDNA鑑定を受ければ、真偽のほどは直ぐに明らかにされるだろう。

ところで、現時点で想像するに、ジョン・マーク・カー容疑者は真犯人なのか。
久しぶりの素人探偵の登場である。

まず、「96年のクリスマス休暇はアラバマで容疑者と過ごしていた」という元妻のアリバイ発言であるが、彼女の発言は真実か。離婚した夫を今でも弁護すべき必要性はあるか。
彼女には容疑者との間に3人の子供がいる。
彼女が彼らの将来を考えたときに、殺人者の子供と烙印を押されるのを嫌がったとは考えられないか(まあ、直ぐに真実は明らかにはなるのではあるが…)。
また、一番可能性が高いのは、彼女の勘違いだ。これならば、弁護する必要性も要らない。

次は、殺害にいたる経緯だ。
カー容疑者は薬を飲ませた上で暴行したとしているが、ジョンベネちゃんの遺体からは薬物反応は出ていない点である。
彼が逮捕されてからの発言を見てみる。
「私は彼女に恋をしていた。彼女が死んだのは偶発的なものだった」
「彼女に会うために家へ行き、一緒に地下室に入り、誤って死なせてしまった」
「ジョンベネが死んだ時、私は彼女と一緒にいた」
なにやら夢想家のようなあやふやな発言ばかりである。
一方、薬を飲ませた上で暴行したという発言のみは妙に生々しい。
彼自身の発言とされているが、それこそ疑わしくないか。
或いは、薬物反応そのものが警察の秘匿事項となっていて、これが犯人しか知り得ない事実であったとは考えられないか。

以上、乱暴で無理があり、バイアスのかかった推理により、素人探偵は彼はクロに近いと考える。
素人探偵なんてこんなものである。所詮。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/576-e5dd720d
・この記事へのトラックバック
* Top *