『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TV license fees
2005年06月02日 (木) 22:26 * 編集
このニュースを聞いて、いつも思うのだが、分母の数字を知りたい。一体、現在、NHKの受信料をまじめに払っている人は何人なのか。

-------------------------------------------------------
NHKは2日、受信料の支払い拒否・保留件数が5月末で約97万件に上ったことを明らかにした。
3月末からの2カ月間で22万3000件増えたものの、増加のペースはやや鈍化しており、橋本元一会長は「われわれの改善を受け止めてもらったのかなと思う。一層改革に向けて努力したい」と語った。
NHKは受信料収入が前年度マイナス約72億円と初の減収となった2005年度予算で、不払いは3月末現在で45万~50万件と見込んでいた。
NHKによると、元プロデューサーによる番組制作費着服が発覚した昨年7月以降、受信料の不払いが急増。9月末に3万1000件だったのが、今年1月末には39万7000件、3月末には74万7000件に膨らんでいた。(共同)

-------------------------------------------------------
日本の人口を1億人とする。受信料は、一世帯を一件とカウントする。家にテレビが何台あろうとも、一件だ。まあ、仮に、日本人の3人が一世帯と想定すると、3300万世帯(件)となる。不払いは、ほぼ100万件だから、3%程度である。
果たして、この程度の減少で、このような騒ぎになるのか。
実態として、最初からまじめに支払っている人は、考えられているより相当低いのではないか。

そんな疑問を見事に解決してくれたブログがありました。
(NHK受信料を考える)
今は、ノー天気で振込ですが、ちょっと私なりに考えて見ます。


一日一疑。一日一押。
banner_03.gif

Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/57-891157ea
・この記事へのトラックバック
162-参-総務委員会-10号平成17年3月31日(木曜日)に開催された、参議院総務委員会において、民主党・新緑風会の櫻井充氏と日本放送協会理事 中山壮介氏との間で、NHK受信料契約率に関してつぎのようなやり取りが行われました。
2005/06/04(土) 18:13:50 * NHK受信料を考える
NHK受信料制度に興味や疑問をお持ちの”あなた”、ようこそ当blogへ!ご訪問を心から感謝いたします。この『「NHK受信料」目から鱗の情報!』は、お忙しい”あなた”のため当blogのエッセンスを短くまとめた”要約版”です。これだけ読んでも、ほぼ全体像を理解してい
2005/06/04(土) 18:14:52 * NHK受信料を考える
昨日のエントリー「いらんもん」の反省いつも、あまりにも思いつきでエントリーを書いているので、MOさんもさすがにマズイと思い、少し調べてみました。皆さんご存知でしょうが、「テレビがあれば受信契約を締結し、受信料を支払わなければならない。」というものがありま
2005/06/04(土) 18:57:27 * BLOG MO
* Top *