『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハイチュウおじさんの登場
2006年07月30日 (日) 11:44 * 編集
カールおじさんなら、知っている。
明治製菓の菓子「カール」のイメージキャラクターである。
首にタオルを巻き、麦藁帽子をかぶった髭づらのおじさんである。
とっぽい、暖かな雰囲気を持つ好漢であり、販促のための強力なリーダーとなっている。

一方、新登場のハイチュウおじさんは次のようなお方だ。


多摩署は27日、川崎市多摩区宿河原7丁目、無職藤原律雄容疑者(75)を暴行の疑いで現行犯逮捕した。藤原容疑者は容疑を否認している。
調べでは、藤原容疑者は27日午後1時45分ごろ、多摩区中野島5丁目の中野島中河原公園で、多摩区の男子児童(11)に自転車で体当たりし、追いかけるなどの暴行を加えた疑い。
署によると、現場周辺では約1年前から、児童に「ハイチュウ(ソフトキャンデー)をあげるよ」と声をかけて近づき、顔をたたいたり、無理やりハイチュウを児童の口に押し込んだりする通称「ハイチュウおじさん」が出没。藤原容疑者もハイチュウ2つを持っていたという。署では、藤原容疑者と「ハイチュウおじさん」は同一人物とみて調べている。~asahi.com 7/28~

ハイチュウは、森永製菓のチューイングソフトキャンディである。
当たり前だが、森永がイメージキャラクターとして、このおじさんを使っていたわけではない。
「ハイチュウをあげるよ」と声をかけて児童らに近づき、顔をたたいたり、無理やりハイチュウを児童の口に押し込んだりしていたという。
このおじさんには、カールおじさんのとっぽい、暖かな雰囲気はまったくない。
児童にとっては、身近にいる恐怖そのものだったろう。

彼が、数多ある菓子の中から、なぜハイチュウを選んでいたのかは謎だが、たぶん、他のお菓子より集客力(?)が強かったのだろう。
しかし、森永製菓にとってはいい迷惑だ。
この地区では、ハイチュウおじさんに狙われるため、ハイチュウを手にする児童は少なかったのではないか。

ここで森永製菓に提案がある。
ハイチュウのイメージを大胆に払拭するために、カールおじさんに対抗して、ハイチュウおじさんを登場させたらどうか。
無論、川崎市多摩区に限っての販促活動である。

安心して欲しい。バックミュージックは、すでに出来ている。
ハイチュウおじさん♪ ハイチュウおじさん♪ 

しかし、問題は、おじさんのキャラだ。これが結構難しい。
どなたか、提案していただけると幸いである。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/554-614b06e5
・この記事へのトラックバック
* Top *