『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4年後を思う
2006年06月24日 (土) 11:32 * 編集
さっさと気持ちを切り替えることが大切だ。
終わってしまったことを何時までも悔やんだって何も生まない。
だから、心は4年後のワールドカップだ。

2010年の大会は、南アフリカでの開催となる。
日本チームは、新しい監督のもと、メンバーも一新され、さらに強靭なチームになっていて欲しいところだ。
しかし、ここでいろいろ難儀な問題が生まれつつある。

まずは、出場枠だ。
今回、アジア地区からは、日本、韓国、イラン、サウジアラビアの四カ国が出場したが、これらは、いずれも一次リーグで敗退してしまった。
次回、アジアからの出場枠は、今回の成績を勘案され、決められるという。
4カ国から3カ国に減少してしまうかもしれない。
もう一つの問題は、今回、日本が残念ながら敗れたオーストラリアがオセアニア地区からアジア地区に編入されるということだ。

以上からすると、次回大会は、アジアからの出場は、日本、韓国、イラン、サウジアラビア、オーストラリアで3つの枠を競うことになる。もろん、ここに記していない国々も含まれるわけだが…。

今後、4年間で各国はその力量を増すべく努力をするわけであるが、今の実力からすると、日本が次回ワールドカップに出場することはかなり高いハードルとなる。

さっさと気持ちを切り替えるのが大切と書いたが、今回の大会、日本は、まったく良いことなく敗れてしまった。まったく、不満足でやり切れない内容だったし、結果は最悪だった。
実力を出し切れなかったのか、実力不足だったのか。
たぶん、両方だと思うが…。

しかし、4年後、私達は次のように思うのかもしれない。
「前回はワールドカップに出られただけ良かったな。グループリーグの最後のブラジル戦まで期待させたからな」

そんなことにならないように、今回の大会の課題は、きっちり纏め上げ、A4に10枚程度に纏め上げてから、次回に向けての取り組みを始めて欲しい。
これは、悔やむのではなく、建設的な反省である。



banner_02.gif


しかし、あのとき、柳沢がなぁ…。
Comment
・ふふっ^^
まだ、言ってる☆
柳沢も含め、大きく成長して、ガンガン、ミドルシュートを決めてくれるカッコいいサッカーをしてくれることを期待しましょ!
そうですね。出場できなくなって、「ああ、やっぱり世界は遠い」なんて思うのは寂しいですもの。
今度こそ…!です。
2006/06/24(土) 18:23:39 * URL * chocho #ofxKis3k[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/551-ac43a3d6
・この記事へのトラックバック
目覚ましの音で起こされながら、掛け布団を「ズリズリ」引っ張ってテレビの前でスタンバイ。横になってキックオフから、意外にも(失礼^^;)頑張っているイレブンを見ていた。前半34分。アレックスのパスか
2006/06/24(土) 18:18:35 * いどばた日記
* Top *