『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーストラリア戦、逆転負け
2006年06月13日 (火) 00:09 * 編集
まったく、日本の良さが出ない。
中田のパスは正確さを欠く。
柳沢は、シュートの決断が遅い。できない。
柳沢にしても、高原にしても、中村にしても、どうもいつもの切れがない。
そして、相手の汚いプレイもあったのだろうが、よくもコロコロ転んだ。

一方、オーストラリアには、ロングパスをポンポン簡単に入れられてしまう。
そうすると、日本のゴールは直前だ。
何回繰返されただろう。
確かに川口は良く守った。
しかし、川口もそんな繰り返しの攻撃に一瞬のスキができてしまったようだ。

暑さ、試合の熱気に疲れていたのは、オーストラリアではなく、日本のイレブンだった。
次のクロアチア戦、同じような展開になると、日本に勝機はない。

さて、どうしよう。
気分一新するには、メンバーを大きく変えてみるのはどうだろうか。
少なくも柳沢の変わりに、玉田か大黒を入れてみたらどうか。

グループで一番弱いと思われた相手に対して、1対3で大敗の日本。
バックスの成長が、唯一の収穫だった。



banner_02.gif
Comment
・疲れた観戦でした
仲間うちでもやっぱり玉田か大黒だろうっていう意見が圧倒的でした。なんで小野?
なんか、こう、「スッキリ!」って瞬間が見られなかったのが残念です。次は「おお!」って拳を突き上げられるような場面があることを期待して。。。
2006/06/13(火) 19:26:43 * URL * chocho #ofxKis3k[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/547-8f77713f
・この記事へのトラックバック
* Top *