『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一番早いプロ野球勝敗予想
2006年03月04日 (土) 13:11 * 編集
06年のプロ野球は、パリーグが3月25日、セリーグは3月31日の開幕となる。
今後、各紙、各局で順位予想などが発表されるだろうが、これは、一番早い順位予想ではないか。


巨人の渡辺恒雄球団会長が2日、巨人ファンの財界人による「燦燦会(さんさんかい)」であいさつに立ち、「オールスターまでに(2位に)3ゲーム差。最終的には10ゲーム差で優勝」と希望を交えながら予想した。
同会長は「白内障の手術をして世の中が明るく見えるようになった」と“眼力”で日本シリーズの相手にも触れ、「ロッテになるかソフトバンクになるか。オリックス、楽天になることは百パーセントないが」と笑いを誘う場面も。「4年ぶりの日本一を確信している」と意気軒高だった。
また欠席した巨人の長嶋茂雄終身名誉監督について「今年は球場で野球を見る機会が増えそうです」とのメッセージを送った。(nikkan sprots 3/2)

パリーグは、ロッテかソフトバンクが優勝を争い、オリックス、楽天は蚊帳の外という予想。
ちなみに昨年の順位は、以下の通り。チーム名の後の数字は、勝率。
ロッテ 632
ソフトバンク 664
西武 493
オリックス 470
日本ハム 466
楽天 281

オリックスと楽天を検証してみよう。
基本は、両チームの昨年との変化をどう評価するかである。

まず、楽天は監督が野村に交代している。
しかし、他球団からの移籍や新外国人などはぱっとしない。昨年まで西武にいた内野手ホセ・フェルナンデス、横浜にいた投手のセドリック・バワーズあたりが目に付く程度。
そうすると、野村監督の手腕でどこまで改善できるかにかかっている。
昨年の楽天の勝敗は、38勝97敗1引き分け。
できたとして、10敗を10勝に持っていく程度か。
すると、48勝87敗…。優勝どころか、最下位の目は変わらない。

オリックスはどうか。
移籍組が話題だ。
巨人から清原和博内野手、大リーグ・3Aラスベガスから中村紀洋内野手、ロッテからダン・セラフィニ投手。
オリックスの昨年の成績は、62勝70敗4引き分け、勝率.470。
ロートル組の清原、中村がどのくらいまで試合に出続けられるかに掛かっているが、仮に全試合に出られたとして、10敗4引き分けを14勝に持っていけるのではないか。
すると、76勝60敗。
昨年の優勝チームであるロッテの成績は、84勝49敗3引き分け。
ロッテも、イ・スンヨプなどの移籍で昨年と同様の成績を上げられるかは微妙だが、こちらも、優勝は無理なようだ。

ところで、巨人の優勝の目はあるのか。
 
昨年の巨人は、62勝80敗4引き分け、勝率.437 
巨人の昨年度との違いは、監督が原監督に、ロッテからイ・スンヨプ外野手と小坂誠内野手、西武から豊田清投手、中日から野口茂樹投手、ブリュワーズから、ゲーリー・グローバー投手、オリックスから、ジェレミー・パウエル投手などが移籍してきた。新人にも辻内崇伸投手などが入ってきたが、初年度だからそれほどは計算できない。
投手陣の補強が著しい。これで、10敗を10勝くらいに持っていけるのではないか。野手の補強で2敗が2勝に。原監督の采配で、5敗が5勝に。
すると、79勝63敗4引き分け。
昨年の優勝チームの阪神は、87勝54敗5引き分、勝率.617。
巨人はいいところまではいくが、優勝までは届かない。
ナベツネ予想、外れたり。

おっと、いけない一番の変化を忘れていた。
清原和博内野手が退団していた。
チーム内で浮いていた彼がいなくなったため、チームが一つになり、勢いが出て、10敗4引き分けが14勝になるはずだ。
すると、93勝53敗。
おお、なんと優勝の目が見えてきた。

ナベツネの予想、あながち、捨てたものじゃないかも。


banner_02.gif

Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/519-efaf0906
・この記事へのトラックバック
* Top *