『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時代の寵児への弔辞
2006年02月22日 (水) 22:59 * 編集
なんともあきれた話だ。憤懣やるかたない。

ライブドアグループの証券取引法違反事件で、東京地検特捜部は22日、同社の2004年9月期連結決算を粉飾したとして、同法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで前社長堀江貴文容疑者(33)ら4人=同法違反(偽計取引など)罪で起訴=を再逮捕、代表取締役熊谷史人容疑者(28)=逮捕後代表権返上=を新たに逮捕した。粉飾総額は約53億4000万円に上るという。
粉飾決算立件で同社株の上場廃止は必至となった。特捜部は株の時価総額を重視する堀江容疑者が株価つり上げを狙い、経理操作を主導したとみて全容解明を目指す。
ほかに再逮捕されたのは、前取締役宮内亮治容疑者(38)、同岡本文人容疑者(38)、ライブドアファイナンス前社長中村長也容疑者(38)。(共同)

株式分割で実力以上に値がついた自社株を売却した利益37億6699万円を売上高に計上していたという。
それに加えて、架空の売上高を15億8000万円も計上したという。
二つ合わせて、53億4600万円。

これらには、材料費や労務費・経費の計上はなく、まるまる利益に計上したのか。
なんとも大胆な手口であるが、これをスルーした公認会計士も大したものだ。
こんなことが出来てしまうのか。

株主が拠り所とする有価証券報告書がこの体たらくでは、正しい判断もなにもできやしない。
ホリエモンとライブドアという鳴り物にただ単に共鳴していただけだった。

いよいよ、時代の寵児に弔辞を述べるときが来たようだ。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/507-c2ad2110
・この記事へのトラックバック
* Top *