『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
健保事務長の犯罪と愛
2006年01月28日 (土) 18:28 * 編集
この事件の第一報は、昨年の7月、次のようなものだった。

名古屋地検特捜部は7日、健康保険組合の普通預金口座から現金約2000万円を引き出して着服したとして、業務上横領の疑いで、敷島製パン(名古屋市)の健康保険組合の元事務長松林正明容疑者(55)=愛知県豊橋市=を逮捕した。
同社によると、松林容疑者は組合の口座を1人で管理していたという。同地検特捜部はほかにも多額の現金を着服した疑いがあるとみており、使途や動機について同容疑者を追及する方針。
調べでは、松林容疑者は1月11日から31日までの間、自分が使う目的で、名古屋市内の銀行の窓口などで10回にわたり、組合名義の口座から現金約2000万円を払い戻した疑い。(共同 05/7/7)

捜査の進展により、事務長が90年から15年間にわたり、健康保険組合の保険料、約18億9700万円を横領していたが発覚する。横領した金の大半は貴金属や車の購入費、女性との交際費のほか、海外でのギャンブルに費やしたのだった。
しかし、その女性との交際が尋常ではなかった。
彼は、17人の愛人と次々と交際し、横領した金で生活費やプレゼントしたり、飲食店の運営費として与えていた。中には2億円以上与えた女性もおり、子供ができた女性もいた。スポーツ紙などには、絶倫男といった見出しが躍った。

下世話な計算をしてみる。
15年間で約18億9700万円を横領したというから、年平均、1億3千万円ほどの金を自由にできた。月に均すと、1千万円強。一日に換算すると、35万円。
一人で使うのは容易ではない。やはり、異性に貢ぐことにならざるをえない金額だ。
彼も同等の判断をしたようだが、それにしても、15年間で愛人17人というのは驚くべき数ではないか。
横領した金があればこそのお話だろうが、あったとしても、なおも凄い。
金があったにしても、寸胴鍋には、いろいろな理由で(?)無理だ。

さて、この事件の第3回公判が1月26日、名古屋地裁で行われた。
この裁判に、1人の愛人が証言に立った。

裁判所における、彼らのやり取りである。

愛人 「松林被告は優しい人。こんなに多額の横領をしているとは全く知らず、気づいていれば止められたと思う。何年かかっても罪を償ってもらい、私のもとに帰ってきてくれるのを待ちたい」

松林被告「今度は自分が彼女を大切にして恩返しがしたい。結婚して、残りの人生を歩いていきたい」

女は号泣して訴え、男は涙ながらにこたえたという。

彼女は、豊橋市内でスナックを営む50歳代の女性とのこと。
二人は、被告が保険料の横領に手を染める前の1982年から付き合いが始まり、夫婦同然の生活を送り、2人の間に成人した娘もいるという。さらに、面会や差し入れを現在も続けているという。
そんな二人が、裁判所の場を借りて婚約したようなものだ。

ところで、この容疑者は、犯行の動機について、上司から「裏金を作ってくれ」という指示があったと発言し、裁判長から次のようなお説教を食らった。
「どこまで反省しているのか。自分をすべて変えないと再出発できませんよ」

諌めているようで、なんか、婚約した二人を後押しするような響きがあるような、ないような…。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/487-460be21a
・この記事へのトラックバック
* Top *