『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本語能力の判定
2006年01月15日 (日) 21:30 * 編集
Justsystemが「全国一斉日本語テスト」と題して、2月末までの期間限定で漢字能力判定のための試験問題をエントリーしている。
日本語に関する30 問が掲載されているので、それに回答すると、すぐに採点してくれる。

寸胴鍋もやってみた。
結果は、71点。
下記のコメントが付いた。


正しいコトバは選んでいるのに、「つまずく」を「つまづく」に、「通り」を「とうり」にするなど、微妙な違いで間違えてしまうあなた。まずは、「じ・ぢ」「ず・づ」「う・お」「を・お」の使い分けがすばやくできるようになりたいですね。
最強の日本語入力システムATOKなら、そんな表記の間違いを判断して、入力中に指摘。文章を書くうちに自然とかなづかいが身に付いて、日本語表記力を大幅にパワーアップできます。

そうとうりなんです、インプットでよくつまづくことがあるんです(お馬鹿)。
ジョークはさておき、実際、「通り」を「とうり」と入れてしまい、「党利」などと変換してしまうことが良くあるんだな、これが。
ご指摘、素直に受け止めましょう。

変換ソフトについては、昔は、他のものが貧弱なこともあって、ATOKにこだわってていたけど、最近は、マイクロソフトのIMEでも不自由は感じない。
また、人に優しく親切にと進化させても、逆に使い勝手が悪くなったりすることもあるしね。

ところで、「ATOKなら日本語表記力を大幅にパワーアップできます」とあるが、正直、パソコンを使い始めてから、日本語表記力は大幅にダウンしている。
手書きの資料を作るときなど、パソコンを辞書代わりに利用して、漢字や送りを確認している始末だ。
頭の中の辞書を駆使し、手書きでものを書く機会が減っているのだから、日本語表記力は落ちて当たり前。
日本語表記力を向上させるには、やはり、ペンで書くのが一番だろう。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/475-71351b96
・この記事へのトラックバック
今、巷(ちまた)で話題のATOk presents 全国一斉!日本語テスト一太郎・花子でおなじみのジャストシステムがはじめた、日本語のテストでございます。zaraも早速、やってみました。
最近ATOKの全国一斉日本語テストが流行っているというのでやってみた。意外と簡単。もちろん(?)結果は100点満点!!!これでも漢字検定2級だし、日本文学科国語学専攻だったんだから語彙も文法もバッチリ(トーゼンといえば当然なんだけどね)。※ちなみに当時はもっと勢
2006/01/16(月) 13:01:47 * つれづれなるままに・・・
* Top *