『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
М・シューマッハーがトヨタに乗る?
2006年01月11日 (水) 21:21 * 編集
夢のような話が伝わってきた。
真意の程はまだはっきりしないが・・・。


自動車レース、フォーミュラ1で7度の総合優勝歴を持つミヒャエル・シューマッハー(ドイツ、フェラーリ)が、2006年シーズン終了後、トヨタに移籍する可能性が浮上している。10日付のドイツ紙ビルトが、マネジャーのウィリ・ウェバー氏の発言として伝えた。
ウェバー氏はトヨタの企業スローガン「不可能はない(nothing is impossible)」を引用したうえで、今後の状況を見極めていく姿勢を示した。
M・シューマッハーは先週末、シーズン終了後にフェラーリを退団を選択する余地を1%残したいと発言し、去就をめぐる憶測を呼んだ。
ウェバー氏は、M・シューマッハーが退団の余地を求めた理由が明らかだと述べるとともに、2007年シーズンにマクラーレンに移籍すると発表した昨季世界王者フェルナンド・アロンソ(スペイン、ルノー)の例を挙げながら、「F1に驚きはつきものだ」とコメントした。
仮に移籍が実現した場合、M・シューマッハーは弟ラルフと兄弟でトヨタに所属する可能性もある。 (CNN)

F1の場合、勝利するファクターは、マシンのポテンシャルに大きく依存していると思うが、そのポテンシャルをドライバーが最大に引き出せなくてはなんにもならない。
そうした力を持ったドライバーが最も優秀なドライバーである。
その意味では、М・シューマッハーはこのカテゴリーに入る。

ここ数日、彼は、F1を引退するのではないかという記事が散見されたが、実はそうではなく、トヨタへ移籍する話が水面下で行われていたのか。
スンゴイ話だ。驚くべき話だ。

М・シューマッハに駆られるトヨタ、これこそ、nothing is impossibleではないか。



banner_02.gif
Comment
・「皇帝」とTOYOTA♪
こんばんは(^^)

TBありがとうございました!!

しかし、実現すれば、強力タッグになりそうですね。

それにしても、やる気のない素振り(?)を見せつつ、
水面下で動いていたのか・・・。

それとも"Ferrari"へのプレッシャーという思惑もあるのか?

いずれにしても、目が離せないですよね♪
2006/01/11(水) 23:23:30 * URL * リターンライダー #-[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/470-ecfd1182
・この記事へのトラックバック
"F1"にて、7度ものチャンピオンという輝かしい実績を誇り、2006年復活を期待されるドライバー、M.シューマッハー。    その「皇帝」M.シューマッハーの周辺が、どうも騒がしい様子。先日、「移籍の可能性は99%なし。 」とコメントしたばか
* Top *