『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1200人の1億円の夢
2006年01月06日 (金) 21:23 * 編集
先月の28日以降、本件に関して、新聞から伝わる情報はなかった。
一週間以上経った今日、続報があった。
しかし、それは事件が解決に向かっているというものではなく、予想より被害が大きいとのことであった。


旅行会社「トラベル遊」(東京都品川区)で海外旅行の航空券購入を申し込んだ旅行客らが、チケットを受け取れないトラブルが相次いだ問題で、被害に遭った人は計約1200人にものぼり、被害総額は1億円を超えていることが、5日、日本旅行業協会の調べでわかった。
同協会によると、被害を受けた旅行客は、北海道から沖縄県まで全国的に広がっている。しかし、同社の経営者は、旅行客から振り込まれた金を受け取ったまま海外に渡航しており、現在も連絡が取れていないという。
同協会は、「トラベル遊」社が納めた保証金に基づき、総額450万円を限度として、チケット代の弁済金を支払うことになっているが、被害金額には遠く及ばないのが現状だ。(読売新聞)

当ブログでは、本件について以下の通り取り上げてきた。

(トラベル遊の格安な訳  12/25)
(トラベル遊の社長夫妻、台湾へ逃亡  12/28)

28日のブログでは、その時点で航空券を受領できなかった人が800人以上、被害額は、8000万円以上と言う記事を引用した。
これが今回、被害者は約1200人、被害総額は1億円以上となった。
1200人の1億円の夢が泡と消えた。

悔しさを覚える人は増える一方だが、その無念を晴らすための事件の解明はまったく進展がないようだ。
社長は即座に出頭し、釈明すべきであるが、社長夫婦の行方についても、まったく続報もなく、分からない。

ところで、昨日、28日のブログに対して、プー太郎さんという方からコメントをいただいた。
以下の内容であった。


去年(2005年)の春頃、転職活動をしていて、この会社を受けに行きました。
結果的に落ちたけど、本腰を入れて受けた会社で、落ちて良かったと思ったのはこの会社が初めてでした。
格安航空券は、各航空会社や問屋さんから、最低販売価格を決められた資料を受け取っているはずなのに、これより安い金額で売っているものが多かったです。
ちなみに、最低販売価格を無視したら、航空会社からクレームが来たり取扱禁止という通達が来るはずなんだけど、ネット上でルール違反をやっていたから、度胸がある会社のようです。

トラベル遊という会社、確信犯である。


banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/465-fc6a4e97
・この記事へのトラックバック
* Top *