『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大仁田候補のビジョン
2005年12月29日 (木) 21:53 * 編集
大仁田厚参院議員が長崎知事選に出馬を検討しているという。

来年2月の長崎県知事選への出馬を検討している自民党の大仁田厚参院議員が28日、自民党長崎県連を訪れ、北村誠吾県連会長と会談した。
会談後、大仁田氏は報道陣に「地元の若手から出馬要請されたことを伝えた。年明けには結論を出す」と語った。2、3カ月前から出馬を検討していたという。
自民党は3選を目指す現職の金子原二郎知事を推薦することを既に決定。北村会長は「党本部から金子氏に推薦証が来ている。大仁田氏は党の決定を尊重してほしい」と話した。
知事選にはほかに、市民団体代表の高村暎氏(65)と、インターネット関連会社「ゆびとま」役員の小久保徳子氏(47)が出馬表明した。(スポーツニッポン)

大仁田氏は長崎市出身とのことだ。
今回の背景には、県内の若手企業経営者らが「市民の手で知事をつくりたい」と、同県出身である大仁田氏に立候補を要請したことがあるらしい。

まあ、どんな背景であろうと、どうでもいい。いや、背景などなくてもいい。
彼が長崎県をどのようにしていきたいのか、そのビジョンを示してくれれば、それでいい。

数多いる国会議員の中の一人であれば、ビジョンなんて持ってなくてもいい。逆に持っていても実現するのは難しい。党の意向が優先するからだ。
だから、彼が国会議員である限り、後輩の若手議員をからかって無為な時間を過ごしても誰も気にしない。
しかし、一国の長たるもの、皆を引っ張っていくビジョンの提示なくして、誰も相手にしてくれない。

年明けには結論を出すとのことだ。
出馬となった際、どのようなビジョンを提示してくれるのか、刮目して待とう。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/453-067a3379
・この記事へのトラックバック
自民党の大仁田厚参院議員が、来年2月5日にある長崎県知事選に立候補!?大仁田議員は、12月28日には長崎市の党長崎県連(会長・北村誠吾衆院議員)を訪ね、長崎県知事選に立候補を検討していることを伝えたとのこと。
2005/12/30(金) 01:16:26 * Y's WebSite : Blog ~日々是好日~
長崎県知事選に立候補が取りざたされている大仁田厚氏だが、昨日長崎入りし、自民県連会長と会談した。しばらく影の薄かった感のある自民党参議院議員、大仁田厚氏がこのところ、話題を集めている。(これって、カテゴリ、政治でいいのかな?)知事選に出ることの是非は、こ
* Top *