『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6年間で100万円を70億円にする方法
2005年12月18日 (日) 11:44 * 編集
例のジェイコム株で千葉県の無職男性が20億円超を荒稼ぎしたことはすでに書いた
この株を購入するために突っ込んだ金が34億円、リターンが20億円。締めて54億円だ。
ジェイコム株の購入に持てる金を全て注いだわけじゃないだろうから、自己資金は、この金額を超えるはずだ。
一体、どんな人物なのか、どんな方法で稼いだのか。


みずほ証券によるジェイコム株大量誤発注問題で、約34億円の自己資金を投入し20億円超の巨額利益を得た千葉県の無職男性(27)は、ネット時代が生んだカリスマ個人投資家だった。17日、取材に応じた父親によると、男性は5、6年前に約100万円の元手で株を始めたという。ネット証券を通じて数日程度で短期売買を繰り返す「スイングトレード」で数千倍以上に資金を拡大し、現在は34億円をはるかに超える巨額マネーを有しているとみられる。(略)(nikkan sprots)

同紙によると、彼は、千葉県市川市の豪邸に両親らと住み、2人兄弟で現在独身。
彼が株取引を始めたのは、5、6年前頃。その後、日中、自宅のパソコンでのネット取引に本格的に取り組んだ。しかし、株書籍で猛勉強するでもなく、独自の取引術を作り上げたという。
現在の資金総額は、34億円の倍以上はありそうな雰囲気だったとのこと。

つまり、彼の資金は、70億円近いということか。
たった6年前、100万円だった元手が化けに化けたということだ。なんともなあ。
勤め先の株や売っても損になるドブ漬け状態の株をいくつか持っている程度の寸胴鍋にとっては、夢の夢だ。
どのような方法で儲けたのか。

彼の手法は、スイングトレード。これは、数日~数週間で短期売買を繰り返す方法で、よく聞く、1日で売買を完了するデイトレードよりやや長めに保持し、売買するらしい。ドブ漬け状態の株なんてないのだろうなあ。

彼は、今までなんの著作もないという。
この6年間、偶然の積み上げの上にさらに今回の奇跡が加わって、荒稼ぎしてきたのだろうが、誰もがこんなに儲けているわけじゃない。彼なりの読み方があるはずだ。
スイングトレードでいかにして儲けてきたのか、これを本にすれば、これも凄い勢いで売れるのだろうなぁ。
もっとも、ノウハウをばらしたら、皆がまねをして、彼の儲け幅が縮まってしまうから、こんなバカなことはしないか。

今後も、千葉県市川市の豪邸の、パソコンが何台も並んだ部屋の中でカチャカチャとキーボードをうち、ディスプレイを見つめて、したり顔なのだろうな。

彼はパソコンを打つのは早いという。これなら、寸胴鍋もそれほど遜色ないのだけれど。



banner_02.gif

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/438-8d6dd75c
・この記事へのトラックバック
* Top *