『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
姉歯2号達の正体?
2005年12月17日 (土) 23:29 * 編集
姉歯2号の正体か。複数での登場だ。
彼らの言い分は、理屈か、屁理屈か。


姉歯秀次元建築士以外が構造設計した建物の中に鉄筋の量が少ないホテルが14棟あり、国土交通省が調査を指示している問題で、このうち6棟を担当した広島市の設計会社「塩見」が17日に記者会見し、「不正行為は全くない」と表明した。この問題ではやはり6棟を請け負っている熊本市の中山構造研究所も朝日新聞の取材に偽造を全面的に否定している。
14棟の構造計算を担当した設計業者は計4社。両社のほかに二つの業者が1棟ずつ構造計算している。
塩見の難波清孝社長は同社が柱の代わりに耐震壁を使う手法を採用しているとし、「鉄筋量が少なくても安全性は保たれている」と強調した。
中山構造研究所は偽造や耐震強度不足を文書で強く否定し、「バランスのとれたデザインにすれば耐震強度を満足する建物が(1平方メートルあたりの鉄筋量)60キロ程度でも設計できる」と説明している。姉歯元建築士については「勉強不足の建築士がきちんと検討されている合理的な設計の結果をまねしただけ」と批判した。

とうとう姿を現した姉歯2号達。
彼らは、柱の代わりに耐震壁を使う手法やバランスのとれたデザインにすれば、極限の経済設計となりうると言い出した。
残念ながら、トウシロの門外漢には到底理解できない話である。
しかし、姉歯元一級建築士の記事が出てから、専門家の意見では、100キロ以上の鉄筋量を使用しないと、11階程度の建物では強度の保証は出来ないとされていたと思う。
彼らの言い分は、果たして、理屈か、屁理屈か。
はたまた、真実か、詭弁か。
今後の展開を待とう。


(株式会社塩見)
(中山構造研究所)


banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/437-ab4da8f6
・この記事へのトラックバック
姉歯事務所・ヒューザー・木村建設・総研などに一斉捜索が入りました。今夜は各ブログも一斉に「捜索祭り」になるんでしょうね。ニュース・カテゴリのブログが、こんな日にアニメの話題を書いてたら「テレビ東京かよ?!」と言われそうだからエントリーしとこうww耐震....
2005/12/20(火) 17:26:30 * 時代のウェブ・ログ
* Top *