『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
姉歯並み
2005年12月16日 (金) 23:39 * 編集
恐れていたことが、とうとう露呈してきた。姉歯2号の登場である。

耐震強度偽装問題で、木村建設(熊本県八代市、破産手続き開始決定)が姉歯秀次元一級建築士(48)関与分以外でも、鉄筋量が「姉歯物件」並みに少ないホテルを9棟建設している可能性があることが、同社の社内資料で15日分かった。国土交通省は姉歯元建築士以外による偽装がないか、自治体に同社の関与物件169件について調査を依頼しているが、耐震性が不足する物件が拡大する恐れも出てきた。(時事通信)

12月6日の当ブログで次のように書いた。
今回の事件は、ヒューザー、木村建設、イーホームズ、そして姉歯設計事務所という特別な4者だからこそ可能であったのだろうか。
この構図は、この組み合わせだけに限られたものだったのだろうか。他の開発会社や建設会社が他の設計事務所に耐震データを偽装させたということはなかったのだろうか。
寸胴鍋は、今回のような構図が、他の開発会社と建設会社、そして設計会社でもあるような気がしてならない。

上記の時事通信では、鉄筋量が「姉歯物件」並みに少ないと記述している。
しかし、いくつかの物件では、姉歯以下のものがあるという。
なんでも、姉歯元建築士が構造計算したホテルにおいては、最少の鉄筋量は1平方メートル当たり約59キロだったのに対し、別の建築士が担当した物件では1平方メートル当たり約51キロというのだ。

これは、ちょっと恐ろしい事態になってきた。
しかし、まだ幸い(?)なことに、木村建設が絡んだ物件のみの話だ。
これが、他の建設会社や企画会社に広がりをみせれば、あの偉大なるイエスマンの言っていた発言が現実味を帯びてくる。
「マンション業界つぶれますよ、ばたばたと。不動産業界も参ってきますよ。景気がこれでおかしくなるほどの大きな問題です」

なんでこんな風になってしまったのかね。

金の亡者が多すぎるのか。
人としてのプライドをなくしてしまったヤツが多すぎるのか。
他人を不幸にさせた分、自分に幸せが来ると思っている輩が多すぎるのか。

なんでかねぇ。
なんか、根本のところで見直しをしないと、日本という国は腐り続けていくだけだ。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/433-5e4b7f6c
・この記事へのトラックバック
木村建設施工のホテル、姉歯以外の9棟も鉄筋量不足か 耐震強度偽装問題で、「木村建設」(熊本県八代市、破産手続き中)が施工したホテルのうち、姉歯秀次・元1級建築士(48)が構造計算に関与していない9棟のホテルで、鉄筋使用量が「姉歯物件」並みに少ない可能性が
2005/12/17(土) 17:07:23 * zaraの当方見聞録
12月15日付・読売社説 [姉歯証人喚問]「耐震偽装の全体像が垣間見えた」 真相解明への端緒となり得る内容だったと言えるだろう。 衆院国土交通委員会で、耐震強度の偽装問題について初の証人喚問が行われ、姉歯秀次・元1級建築士らが証言した。 問題の張本人であ
姉歯氏が証人喚問に現れましたが、兄やんは、姉歯氏の証言が一番信用できるように感じています。というか、当初から姉歯氏が悪者になるように、姉歯氏のせいにしている連中が、そもそもことが起こった時にこうやって姉歯氏を”とかげのしっぽ”のように切り捨てるんやろな..
2005/12/18(日) 18:49:18 * 兄やんの一言モノ申す
* Top *