『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
審査委員長の死
2005年12月16日 (金) 22:39 * 編集
一昨日、事故より事件の雰囲気がある書いたが、単なる事故だったのか?

神奈川県警は16日、行方不明になっていた「日本レコード大賞」審査委員長で音楽評論家の阿子島たけし(本名毅)さん(65)の全焼した自宅で、がれきの下から男性の遺体を見つけた。阿子島さんとみて確認を急いでいる。
遺体は庭先で焼け落ちた雨戸の下でうつぶせ状態だった。県警は火事で逃げ遅れ、2階ベランダから飛び降りたとみている。阿子島さんは普段から2階で寝ていたという。
これまでの調べでは、阿子島さんは12日夜、東京都内で開かれた歌手のディナーショーに出た後、行方不明になったが、同日午後11時ごろ自宅近くのJR戸塚駅の防犯ビデオに改札口を通る阿子島さんとみられる男性が写っていた。(共同)

酔っ払っての焼死か。遺体は玄関先でうつぶせの状態で見つかり、雨戸やがれきなどの下敷きになっていて、2階から飛び降りたらしい。
しかし、13日午前5時30分頃の出火から、16日の午前10時頃の遺体発見と、その間、まるまる3日以上もある。こんなに時間がかかるものなのだろうか。
なんでも、実況見分は、13~14日に阿子島さん方の内部を、15日は全半焼した隣接の民家2棟を、16日になって、阿子島さん方の庭や建物の周囲の見分を行っていたという。
まあ、警察にしても消防にしても、事件性が強いということが念頭にあったため、確実な検分を行ったため時間がかかったのだろうが・・・。

いずれにしても、遺体が阿子島さんと確認されれば、事件ではなく事故ということになる。
合掌。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/432-5a91e78d
・この記事へのトラックバック
* Top *