『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニセ医者の効用
2005年12月06日 (火) 21:58 * 編集
体や心が病んだとき、やっぱり頼りになるのは医者だ。しかし、一口に医者といってもいろいろだ。
良い医者にあたれば、話を聞いてくれるだけで、精神的に救われ、病を吹っ飛ばしてくれるような気にさせてくれる。
しかし、口が重く、ろくに説明もしない医者だった日には、良くなる病気も良くならない。貰った薬の効用さえ疑ってしまう。
では、ニセ医者の場合はどうだったのか。


医師免許がないのに病院などに勤務し、医療行為をしたとして、警視庁生活環境課は6日、医師法違反の疑いで東京都目黒区南、自称医師山城英樹容疑者(33)を逮捕した。8年前から約20カ所の医療機関で働いていた疑いがあるとみて調べている。
山城容疑者は「医師免許がないのに医者をやっていた」と容疑を認めている。現在は都内の3つの民間病院に勤務し、約2000万円の年収があったとみられる。
調べなどによると、山城容疑者は9月中旬、東京都江戸川区南篠崎町の外科医院で、医師の資格を持っていないのに女性患者(49)に診断や投薬などをした疑い。
山城容疑者は1997年、都立広尾病院に勤務し、無資格の医療行為を始めたとみられる。医療機関に就職する際、偽造した医師免許のコピーを提出していた。定時制高校中退で、医学部で学んだことはないという。(共同)

毎日新聞などによると、彼の勤務先は以下の4つ。
「瑞江脳神経外科医院」(江戸川区)の非常勤医師
「東芝府中工場」(府中市)診療室の外科医
「稲城台病院」(稲城市)の内科医
「佐々総合病院」(西東京市)の当直医。
結構ハードな勤務だったのではないか。

山城容疑者は、縫合などの処置はしていたものの、手術の執刀経験はなかったようだ。しかし、医療上のトラブルはなかったという。
この男、定時制高校中退で、医学部で学んだことはない。
では、どこで学んだのか。
産経新聞によると、山城容疑者は97年5月から約1年間、医師に付いて医療行為を学ぶ「見学生」として都立広尾病院(渋谷区)に通っていたというから、この間、見よう見まねで学んだと思われる。
いわゆるOJT かね。

ところで、勤務先の反響は、次の通りである。
東芝広報室「不審な点はなかった。資格のない人だったとは」
佐々総合病院「医療専門の派遣会社を通じて採用したのでチェックできなかった。患者からのクレームはなかった」、「問題もなく、処置は丁寧だったと聞いている。今後の対応を検討したい」。
ある患者「話をよく聞いてくれる優しい先生」

山城先生の評価を総合すると、「話をよく聞いてくれるし、処置は丁寧。クレームなんてない優しい先生」 
実に良い医者ではないか。
ニセ医者でも、良いニセ医者ならば、精神的に救われ、病を吹っ飛ばしてくれるような気にさせてくれるようだ。実効は別にしても。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/425-ab939f90
・この記事へのトラックバック
警視庁生活環境課が、医師免許がないのに8年前から約20カ所の医療機関で医療行為をしたとして、医師法違反の疑いで山城英樹容疑者を逮捕したそうデシが…
2005/12/07(水) 10:56:31 * お気楽コンボ
* Top *