『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
姉歯2号の登場はあるのか
2005年12月06日 (火) 21:05 * 編集
今回の耐震強度偽造に関しては、何本かの記事を書いた。
そして、多くのトラックバックはもちろん、コメントもいくつか頂いた。弱小ブログ運営者にとって、誠にありがたいことです。
その中に、「コーキチ」さんからのコメントがあった。


■姉歯建築士もいい年なんですけどね。

私のブログに立ち寄っていただきありがとうございました。
建築・不動産業界は、金融に準じて社会的な地位がもっと高くなければいけないのに、まだまだ浄化されなければと再認識しています。これからもニュースに正面から取り組んでください。(コーキチ)

「これからもニュースに正面から取り組んでください」とのコメントには赤面するしかないが、コーキチさんのブログ「仕事終わった?」を拝見すると、自身は、不動産業界に関わっている方のようだ。
そのような方が、業方の体質についてまだまだ浄化されなければならないという認識を示されている。

さて、今日も本件に関連したニュースが発信されている。


耐震強度偽装問題で、国土交通省は6日、姉歯建築設計事務所による偽装を新たに2件確認し、13都府県の計57件になったと発表した。
姉歯事務所の関与が判明した208件のうち偽装が57件、偽装なしが97件、調査中31件、不明等23件となった。新たに確認されたのは兵庫県三田市のプラザホテル三田と福岡県苅田町の工事中のホテル。 (nikkei net)

調査中や不明となっている件数を除外すると、偽装率は、37.0%。まあ、もの凄い数字だ。
調査中の31件の中から、同率で偽装が発生したとすると、偽装件数はさらに11件増加することになり、最終的には、68件になる。

これは、姉歯設計事務所のみが絡んだ偽装の数だ。
姉歯氏は、ヒューザーや木村建設などから強い圧力をかけられたため偽装したと言う。
しかし、ヒューザーは姉歯に騙されたと言う。
しかし、木村建設は、法を犯してまでの経済設計は姉歯に指示していないと言う。
しかし、イーホームズは為すべき範囲の調査はちゃんとしてきたと言う。

今回の事件は、このようなヒューザー、木村建設、イーホームズ、そして姉歯設計事務所という特別な4者だからこそ可能であったのだろうか。
この構図は、この組み合わせだけに限られたものだったのだろうか。他の開発会社や建設会社が他の設計事務所に耐震データを偽装させたということはなかったのだろうか。

気になるのは、冒頭のコーキチさんのコメントである。
「建築・不動産業界は、まだまだ浄化されなければと再認識しています。」
寸胴鍋は、今回のような構図が、他の開発会社と建設会社、そして設計会社でもあるような気がしてならない。

そもそも、今回の発端の発端は、ヒューザーの「広いけど安い」という事業コンセプトにある。
これ自身は、けして間違ったものではないし、住宅業界における経済原則の中で、勝利するための重要なキーの一つである。
しかし、これをヒューザー自身が見誤ってしまったと11月27日の当ブログで書いた。

大手開発会社が群居するマンション業界にあって、建築企画会社が成長していくためには差別化が絶対に欠かせない。そのためには、事業コンセプトをしっかり打ち立てていく必要がある。
高級化という方向もあるが、これは資金もいるし、そもそも、この路線では大手開発会社にネームバリューで劣るだろう。従って、多く行き着くのは、ヒューザーと同様のコンセプトであろう。
マンション業界にはまったく疎いが、ヒューザーと同様のコンセプトを掲げている会社は存在するだろうと思う。
その会社が、ヒューザーと同様に自社のコンセプトを見誤り、さらに建設会社が開発会社に盲目的に追従し、そして、そこに姉歯2号が関与していれば、今回の構図は見事に再現されることになる。

「悪者探しはどうのこうの、あーだこーだ」と偉大なるイエスマンは宣ったが、今回のような構図が上記組み合わせ以外にも発覚するようだと、住宅監査業務を強化することしか手はないと思う。
以前にも書いたが、こうすることにより、建設着工や完工が遅れることになり、価格も上昇することになるだろうが、これは致し方ないことである。

先ほど「広いけど安い」というのは、住宅業界における重要なキーの一つと書いた。
これは、価格対性能が優れるという意味では、どの業界でも通用する事業成功のためのキーだろう。
誰もがこれを実現しようとするが、なかなかできない。
だからこそ、数少ない成功者のみが賞賛されるのだ。
そもそも事業成功のキーとは、そういうものであり、あんな男達には相応しくないものである。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/424-525d0802
・この記事へのトラックバック
新たに大阪市のホテルでも強度偽装が判明 ホテルやマンションの耐震強度偽装問題で、大阪市は5日、同市淀川区のビジネスホテル「ヴィアイン新大阪ウエスト」(11階建て、435室)の構造計算書が改ざんされていたと発表した。同ホテルは5日から営業を休止した。一連の
2005/12/06(火) 22:13:12 * zaraの当方見聞録
昨日の国会の参考人招致を「心臓の血管に血の塊が入っているような気がする」という 理由で欠席した総研代表内河健氏。 心臓って?心臓の血管って?血管の中に血の塊って???? 医学的な根拠全くないし、体調不良にしてもすごい言い訳が通るもんです。
2005/12/08(木) 15:47:42 * 鉄人ママの社長ブログ
11月の時点で木村建設自身が破産の意向を示していた木村建設100%出資の子会社 平成設計が破産申し立てを行いました。
2005/12/12(月) 19:31:52 * 鉄人ママの社長ブログ
2005年12月13日、マンション設計業者「プライム建築設計」が、「マンション計画続行」という告知を近隣に配布。協議会の要望を「年明けの説明会時に回答する」と言ったプライム建築設計相談役の話は嘘だったんでしょうか?それが先方のやり方なんでしょうか?協議会は要望の
* Top *