『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬の痛み
2005年11月19日 (土) 21:11 * 編集
家で飼っている柴犬は12歳になる。
最近、どうも鼻の調子がおかしいと思い、動物病院でレントゲンを撮ったら、鼻の辺りに何かが映っていた。更に詳しく調べるために、12月に入ったらMRI検査を受けることになった。
ここ一週間ほど、彼の体調は最悪で、鼻水は出るわ、いびきをかいてずっと寝ているわ、鼻から鮮血をたらすわ、くるくる回りだすわ、言うことを聞かなくなるわと大騒ぎであった。
大きく反り返っていた尻尾は元気なく股間に垂れ下がってしまっている。

昨日くらいからは落ち着いてきた。
しかし、これは一時的なものだろう。症状はさらに悪化していくと思う。
医者から貰った6種類の薬をせっせ飲ませることしかない。

ところで、くるくる回りだすのは柴犬固有のものだという。
何でも、柴犬は日本の種なので、一定の魚類を食するようにDNAへの刷り込みがあるらしい。しかし、最近のエサは、人間と同様、欧米の文化が入り、肉などが多い。
そういう環境にあると、老齢化した柴犬はいつかボケ症状が出て、同じ場所をくるくる回るようになってしまうという。そうなっても、魚類を多く与えると程度は軽くなるという。

犬は人間に最も近い動物であり、長い時間を過ごすことが出来るので、犬が病気になったり、怪我をすると、飼い主には家族がそうなったように、つらい。
最も、もっとつらく、痛いのは犬の方であろうが、これがさっぱり分からない。


「尾の振り方が弱い」=レベル1、「持続的になきわめく」=レベル4。
犬が感じる痛みの程度を動作から判断、レベル0から4までの5段階で評価する基準を、研究者らでつくる「動物のいたみ研究会」がまとめた。大阪市で19日開催の同研究会で発表する。
担当した宮崎大農学部の永延清和助教授によると、昨年実施したアンケートで26%の獣医師が手術時に鎮痛薬を使用しないと回答。基準は手術や骨折などの急性の痛みの判断に使い、痛みの程度を知ることで適切な鎮痛処置ができるようにしたいという。
永延助教授らは、犬の痛みに関連する動きを42項目リストアップし、痛みのないレベル0から最も強いレベル4に分類した。(共同通信)

詳しい内容は、19日の研究会で報告されるのだろうが、「尾の振り方が弱い」=レベル1、「持続的になきわめく」=レベル4って程度じゃ、何にも前進しない。こんな指標じゃ誰でもわかる。
「動物のいたみ研究会」という専門家の集まった集団だ、もっと踏み込んだ成果が欲しいものだ。
19日以降の報道に期待しよう。

もっとも、犬のつらさや痛みが分かれば分かるほど、飼い主にとっては、更につらいかもしれないが…。




追記(11/20)

動物研究者らでつくる「動物のいたみ研究会」が、犬が感じる痛みの程度を「レベル0」から「レベル4」までの5段階で評価する基準をまとめ19日、大阪市内で開いた研究会で発表した。
担当した宮崎大農学部の永延助教授らはまず、犬の痛みに関連する動きを42項目リストアップ。痛みのない「レベル0」から最も強い「レベル4」に分類した。
その結果、
「レベル1」は「ケージから出ようとしない、尾の振り方が弱い」、
「レベル2」は「食欲低下、痛いところをかばう」、
「レベル3」は「体が震えている、背中を丸めている」、
「レベル4」は「持続的に鳴く、眠れない」などの状態となった。
背中を丸めているケースはよくみられるが、犬にとってはかなりの痛みのよう。
いくつかの症状、行動が重なるケースもあり、それぞれの犬が感じているレベルは、各項目をチェックして総合的に判断することになる。
研究会委員長の西村亮平東京大助教授は、「獣医師らに利用してもらい改良していきたい」とする一方、「猫を対象にしたものや、慢性の痛みについても基準を作りたい」と話している。 (スポニチ大阪 11/20)


banner_02.gif
Comment
・TBありがとうございます
TBありがとうございました。
その後、ワンちゃんの調子は如何ですか。
うちの犬を見ていても、そんなに痛くなるまで我慢せずに言ってよ、と思うことがあります。人間が我慢できないのかしら?
この指標は、素人でも幾分役に立ちそうに思います。普段から犬の体調管理もしっかりしてやらなきゃと思う今日この頃です。では!
2005/11/21(月) 17:58:35 * URL * thinking_reeds #6moyDOY6[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/406-9587ff72
・この記事へのトラックバック
* Top *