『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
the great teachers
2005年05月27日 (金) 19:53 * 編集
偉大な先生は、違うよなぁ。
自分の素直な気持ちのままに生きることが、いかに重要か、体を張って示しているもんなぁ。
神奈川県小田原市教委は26日、市立中学の校長(58)が自宅で部下の20代の女性教諭の体を触るなどセクハラをしたと発表した。
調べでは14日夜、運動会の反省会で女性教諭らと飲酒。2人は午後11時ごろ、帰宅のため同じタクシーに乗ったが、校長は気分が悪そうな女性教諭を自宅に誘い、部屋の中で体を触るなどした。女性教諭は独身で、21日に市教委に相談。「校長だったので断れなかった」という。
校長は「申し訳ない」と辞意を示した。県教委が処分を決める。(サンスポ)

福岡県久留米市立中学の32歳の男女教諭が、不倫の愛に燃えて駆け落ち、学校を無断で3日間休む騒ぎを起こしたことが26日発覚した。
男性側には家族があり、女性教諭は独身。同じ中学校に勤め、男性は理科、女性は英語の担当で、ともに3年生の学級担任。1年以上も前から交際しており、典型的な不倫関係にあったという。
駆け落ちしたのは先月8日の金曜日。放課後、女性教諭の車でひそかに出発。行く先は、熊本、鹿児島方面。そこではホテルに泊まりながら、アパートも探した。
そして10日の日曜日。女性教諭が同僚に「迷惑をかける」と電話。これで「駆け落ち」という事実を知った学校側は、必死の説得工作を開始した。固く心を決めた2人だったが、教頭、同僚、それぞれの家族もが滞在先の熊本市に駆け付けた。
帰還に同意したのは13日の水曜日。14日にいったん出勤したが、すぐに自宅謹慎に。男性は市の教育研修所で来年3月までの研修を命じられ、女性はショックからか病気療養中という。
県教委は26日付で、両教諭を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。
当初は「教師を辞める覚悟で駆け落ちした」と打ち明けたものの、帰還後は「生徒に迷惑をかけ申し訳ない」「教師としてやり直したい」と頭を垂れているという。(サンスポ)

-------------------------------------------------------
素晴らしい先生達だよねぇ。思うがままに、感じるままに生きるために必要な勇気を惜しげもなくさらけだしているもんなあ。立派だよ。
生徒もいろいろな意味で感化されるだろうなぁなんてことを思っていたら、ニュースが飛び込んできた。


-------------------------------------------------------
東京都葛飾区内で女子中高生にわいせつな行為を繰り返したとして、警視庁亀有署は26日、江戸川区に住むファストフード店店員の少年(19)を強制わいせつ容疑で再逮捕した。
駅前などで女子中高生を物色し、目を付けた少女の後を自転車で付け、人けのない場所でいきなり抱きつくのが手口。少年は「昨年夏以降、100件近くやった。制服に興味があり、女の子と友達になりたかった」と容疑を認めている。(毎日新聞)

-------------------------------------------------------
学生時代、ファストフード店店員の少年の教師は、何をどのように教えていたのだろうか。
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/40-c93d65f4
・この記事へのトラックバック
* Top *