『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
謎 その1~3
2005年11月12日 (土) 22:22 * 編集
小学校から高校までずっと同じ学校に通っていた二人。幼なじみの間柄が、なぜ凶悪事件に結び付いたのか。(東京新聞)

<衝動>
■古山優亜さんには頭部を中心に約50カ所の切り傷や刺し傷がある。(時事通信)
■居間のふすまには刃物で切った傷が多数あった。捜査本部は少年が執拗(しつよう)に追いかけて切りつけたとみている。(共同通信)
■殺害の方法は、約30分にわたり包丁で約50カ所も切りつける残忍なものだった。(毎日新聞)
■凶器は事前に用意しておらず、制服のブレザー姿のまま優亜さんの自宅を訪ねていたことなどから、衝動的な犯行だった可能性もある。(読売新聞)

<冷静>
■取り調べには淡々と応じており、動揺している様子はないという。11日早朝に優亜さんの母親が帰宅した際には玄関の鍵がかかっていたことが分かっており、男子生徒が犯行後にかけたとみられる。(読売新聞)

<普段の生活ぶり>
■高校ではワンダーフォーゲル部に所属して山登りを楽しみ、人が嫌がる掃除もサボらずにする責任感の強い生徒だという。普段から口数は少なかったが成績は悪くなく、問題行動もなかった。無遅刻無欠席で、学校側にとっては「ノーマークの生徒」だったという。(東京新聞)
■「先生とも一緒に汗を流すことを楽しむ生徒だった」という。(毎日新聞)
■少年はまじめでやさしく、おとなしい感じで、時には冗談で周囲を笑わせるなど明るい一面も。以前は地元の野球チームにも所属していたという。(中日新聞)



<謎 その1>
■交際していた事実は確認されておらず、一方的に好意を寄せていた可能性もある。(読売新聞)
■「彼女と交際していたのか」と問う捜査員に、少年はうつむくだけで答えなかったという。(毎日新聞)
■近所の男性は「二人が団地内で一緒にいるところをよく見かけた。仲良さそうにしていた」と話した。(東京新聞)
■同市内の高校三年の男子生徒は「少年は優亜さんと一時期、交際していた。しかしその後、別れたと聞いている」と証言。(東京新聞)
■「彼が一方的に好きだっただけで、つきあっていたわけではない」と話す生徒もいる。(毎日新聞)
■優亜さんの担任教諭は「優亜さんとの会話の中で、加害少年の名前が出てきたことはないし、校内で一緒にいるのも見たことがない」(毎日新聞)
■優亜さんと今年4月から2カ月間、交際していたというある高校二年の男子生徒(17)は少年については「優亜さんからは、名前も聞いたことがなかった。」(東京新聞)

<謎 その2>
■制服のブレザーにも血が付いたが、母親には「自転車で転んだ」とうそを言って、クリーニングに出してもらった。(毎日新聞)
■事件翌日の11日、少年は右手に包帯をまき、制服ではなく紺色のジャンパーを着て、母親に伴われて登校した。

<謎 その3>
■「小中学時代からの同級生なのに、高校に入ってから冷たくなったのでやりました」(読売新聞)


banner_02.gif

Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/395-94ca223b
・この記事へのトラックバック
町田市の高校生刺殺事件で、ふたつほど気になる点があるので書きたい。1.被害者の鞄が盗まれ家の鍵が奪われた件。これを知った被害者は「知らない人が家に入って来たら怖いなあ」と友人に漏らしていたと言う。被害者は母子家庭で、母親は深夜トラック運転の仕事をし....
2005/11/12(土) 23:51:18 * 時代のウェブ・ログ
 町田市の都立町田工業高校1年の古山優亜(こやまゆうあ)さん(15)が、自宅で同級生の男子生徒(16)に刺殺された事件が起きた。 恋愛感情のもつれから殺害事件に至るのは何も彼が10代だったからではなく、実際老いて何歳になってもこのような事件は起きている。....
2005/11/13(日) 11:10:24 * Charlie's マイペース雑記
東京都町田市の都立高1年、古山優亜さん(15)が団地の自宅で刺殺された事件で、警視庁町田署捜査本部は12日未明、殺人容疑で同じ高校に通う同学年の少年(16)=町田市=を逮捕した。少年は調べに「小中学校の同級生だったのに高校になって急に冷たくなったのでやっ
2005/11/13(日) 18:34:20 * 不細工な不ログ
        Nice to meet you.           この記事も、コメント欄とトラックバックされた内容の方が充実しています。   2005年 11月現在、へヴィ・ブログ ”mind resolve”は、   今後のブログの持つ社会的な役割を発展させる意味で、  
2005/11/14(月) 22:01:27 * ”Mind Resolve”
特においしくない料理を評価する言葉として、最も妥当なのは「おいしくない」である。何てことない、そのままの表現だ。しかし私の友人は、このような状況のとき「マズイ」という言葉
2005/11/15(火) 23:22:20 * sons and daughters -blog-
* Top *