『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
郡上八幡 吉田川
2005年11月10日 (木) 21:27 * 編集
脚本、撮影、監督、主演。
金のない自主映画では、一人で何役もこなさなくてはならない。
彼女はどのような映画を撮ろうとしていたのだろうか。


10日午後2時10分ごろ、岐阜県郡上市八幡町の吉田川に架かる橋から、東京都世田谷区深沢、多摩美術大2年吉田弥生さん(20)が、16ミリカメラを片手に持ったまま約12メートル下へ飛び込み、おぼれた。約1時間後に駆け付けた消防署員が約15メートル下流の水底に沈んでいる吉田さんを発見、病院に運んだが死亡した。水死とみられる。
郡上署の調べでは、吉田さんは自主映画の撮影で、川に飛び込む瞬間を撮るため、同級生の女性(20)と川に来ていた。
この川は毎年夏に観光客や地元住民が変装して飛び込むコンテストが開かれる観光名所。2003年7月には、飛び込んだ高校3年生の男子生徒が死亡、一時コンテストが中止になった。(共同通信)

2003年に中止となったコンテストは、翌年再開された。

岐阜県郡上市の郡上八幡観光協会は6日、高校生の死亡事故で中止した「清流吉田川変装ジャンプコンテスト」を、今年は25日に開催することを決めた。
コンテストは、長良川の支流の吉田川に高さ約12メートルの新橋から思い思いの格好で飛び込む。協会理事会では、事故を理由に中止との意見も出たが、住民から再開を望む声が強く、安全性に配慮することで開催を決めた。
安全対策として、
(1)新橋の飛び込み板を50センチ伸ばし飛び込みやすくする
(2)年齢上限を60歳から50歳に下げる
(3)参加者も約20人減らし30人とする。
従来通り、コンテスト前に新橋から飛び込んだ経験者に限定する。25日は午後1時から。希望者は同日午前11時~正午に郡上八幡旧庁舎記念館前で受け付ける。
事故は昨年7月31日、愛知県江南市の高校3年生が、友人らと新橋から飛び込んで重体となり、10日後に死亡。直後に予定されていた昨年のコンテストは中止になった。(毎日新聞 04年7月7日)

郡上八幡では新橋から飛び込むことが男の勲章とされているという。
再開されたコンテストの模様を納めた映像があった。橋から川面まで、かなりの高さである。

亡くなった彼女も一度は実際のジャンプを見たのだろう。
そして、カメラを抱いて飛び込んだ。
彼女の撮りたかった映像はどのようなものだったのだろうか。

合掌。


(郡上八幡変装ジャンプコンテスト)


banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/392-c8bbb4e5
・この記事へのトラックバック
* Top *