『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恐ろしく美味しいディナー
2005年11月09日 (水) 21:29 * 編集
今迄で、一回の食事で最も高かったのは、1万円超だ。道場六三郎の店だった。
10万円を越す食事など想定外だ。


1人分約10万円の高級ステーキを無理やり同僚におごらせたとして、栃木県警石橋署は9日、恐喝の疑いで県立国分寺養護学校(同県国分寺町)の職員浜野善行容疑者(34)を再逮捕、同容疑で同秋山務容疑者(34)を逮捕した。
調べでは、2人は9月30日夜、同僚の男性職員(32)を脅して同県大田原市の高級ステーキ店に同伴。「大田原牛」のステーキディナーを3人で食べ、代金計31万6500円を支払わせた疑い。
2人は「おごってもらっただけ」と容疑を否認している。
3人は校内の清掃などを担当。勤務歴が長い浜野容疑者が、おとなしい性格の男性職員にたびたび暴力を振るっていたという。(共同通信)

よくもまあ、10万円分ものステーキを食えたものだ。
私の馴染みのステーキ店は、フォルクスだ。誰でも一度は行ったことがあるはず。
ここは良い。
ヤングステーキは、200gで1,260円。安い。
奮発して、サーロインステーキでも、230gで2,730円である。リーズナブルである。
このフォルクスのサーロインステーキを10万円分食べるとすると、一回で8.4キロ食わなくてはならない。
いくら大食漢であっても、これは食えない。

そこで、大田原牛なるものをネットで調べてみた。
この「大田原牛」、何でも、「松坂牛」や「神戸牛」、「近江牛」といった銘柄牛と同じ血統の黒毛和牛である「とちぎ牛」の中から、年間30頭だけを厳選し、独自の肥育法で育てられた牛だという。
一年間でたった30頭! こりゃ高そうだ。

調べると、楽天で売っていた。椅子から転げ落ちた。
コピーに、「究極の和牛、まぼろしの大田原牛の輝くばかりの霜降り肉はしつこさがなく、口に入れた瞬間にとろけるように柔らかで豊かな風味が味わえます」とある。


■究極の和牛・・・大田原牛超BMS12ステーキ(ロース)
1枚(180~200g) 65,000円 (税込)

■究極の和牛・・・大田原牛超BMS12ステーキ(ロース)
1枚(180~200g) 44,000円 (税込)

■究極の和牛・・・大田原牛吟撰ステーキ(ヒレ)
1枚(160~180g) 33,500円 (税込)

■究極の和牛・・・大田原牛ステーキ(超吟撰完熟貴腐)
1枚(180~200g) 23,000円 (税込)

これらは生の肉であり、なにも加工していないが、一番高いものでフォルクスの20倍~50倍くらいする。恐ろしく高い。馬鹿高い。あきれてしまう。
肉というよりは、美術品だ。食べずに部屋に飾っておきたい。

ところで、清水の舞台から誤って落ち、仮に1枚 65,000円の肉を購入したとしても、これを焼くのは大変な気苦労だろうと思う。
気が小さい寸胴鍋などでは、無理だ。
「焦げ付かせたらどうしよう」、「味加減を間違えたらどうしよう」などと考え、1枚 65,000円の肉を手にして、うろたえ、台所を意味なく歩きまわるだろう。
そして、結局、決断できずに、肉を手にしたまま一週間経ち、高価な肉を腐らせてしまうのではないかと思う。

今回、事件を起こした連中は、自費ではとうてい食すことはできなかったのだろう。
そこで、おとなしい性格の男性職員を脅して食べた。
彼らの気の小ささは私と変わらない。

締めて、31万6500円也。
脅かされて泣く泣く金を支払った職員の心情を推し量ると、何とも言えない気持ちになる。
しかし、不謹慎であることは重々承知の上で、「どんな味だったの?」と聞いてみたい。



banner_02.gif
Comment
・私もご相伴に・・・
こんばんは。いつもお世話になっております。

そうですか、6.5万円の「超高級」のテンダーロインだか、サーロインだかの、すんばらしく「んまい?」お肉なわけですね。合法的であれば、できれば私もご相伴に預かりたかったところです(苦笑)。

そうですね、私も間違っても「身銭」を切って、そんなお高い肉の席に着くことはまずあり得ないです(笑)。ごっそ様でしたら、何を以っても同席させていただきますが・・・。

しかし、人様を脅してそんな高級肉を食べる前に、「自分の金で吉野家行けっ!」ですね。ではでは。
2005/11/10(木) 19:11:48 * URL * 時評親爺 #-[編集]
トラバありがとうございました。
一生のネタになるかと思い、身を削り行って参りました大田原牛。

あれ、一人10万円なので、30万出させたというのは語弊があるんじゃないですかね。

ムリヤリごちそうさせられたのなら、20万+一番安いハンバーグ代になったのでは?!と思っていたりします。

こんなお肉食べたことがないって味でした。一度くらいは食べてみる価値ありですよ☆
2005/11/25(金) 01:14:47 * URL * papi2y #-[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/390-4e3a9234
・この記事へのトラックバック
今日は、小骨がのどにひっかかるような、そんなニュースが多かった。まず、働かざるもの食うべからず的制度を北朝鮮が行っているっていうニュース。日本のニート対策にも効
2005/11/10(木) 19:19:12 * いどばた日記
年間30頭しか生産されず、幻とまでいわれている大田原牛は黒毛和牛の中から最高ランクであるA5クラスを厳選し、さらにその中でも肉質を吟味しているそうだ。どっちの料理ショーでカレーの特選素材に大田原牛が使われ、圧勝したこともある。100gが3万1500円もする超高級
2005/11/10(木) 19:29:04 * かきなぐりプレス
* Top *