『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイムマシン発見?
2005年11月07日 (月) 23:06 * 編集
幼少の頃、タイムマシンに乗って未来に行き、宝くじの当たり番号を調べ、それを現代に持ち帰えれば、金を稼げるのになあ、などと夢想した。
バック・トゥ・ザ・フューチャーなんていう楽しい映画があり、いやおうなく想像力を駆り立てられたものだが、果たして、タイムマシンは想像の産物なのか、或いは…。


競馬の懸賞金付きクイズを当てるため、応募はがきの日付印をごまかして発送しようとしたとして、岩手県警捜査2課と二戸署は7日、同県二戸市福岡嶽道、二戸郵便局総務係主任、田宮覚容疑者(40)を有印公文書偽造・同行使未遂の疑いで逮捕した。
調べでは、田宮容疑者は6月26日に阪神競馬場で開催されたG1レース「第46回宝塚記念」の1~3着を予想するスポーツ新聞社の懸賞金付きクイズに応募するため、はがきに締め切り日の25日の消印を押し、26日に結果通りの着順を書いて局内の郵便物区分棚に入れようとした疑い。
郵便担当ではない田宮容疑者が休日に区分棚近くにいたため、不審に思った同僚が発見した。
懸賞金は総額20万円で、正解者で分配することになっており、このクイズの正解者は1人だったという。
田宮容疑者は容疑を否認しているが、過去にも懸賞金付きクイズに応募しており、同課などで余罪を追及している。(毎日新聞)

消印を自由に扱えれば、少なくも郵便物における時間を自由にコントロールできるわけだ。
そう、実はタイムマシンは、誰にも身近な郵便局にあったのだ。



banner_02.gif
Comment
TBありがとうございます
このニュースに共感していただける人がいるとは思ってませんでした。
2005/11/07(月) 23:21:32 * URL * hiro #-[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/388-7135595f
・この記事へのトラックバック
* Top *