『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西新井病院の謎
2005年10月15日 (土) 15:29 * 編集
がんに効くキノコを書籍で宣伝した健康食品販売会社の役員らが、薬事法違反の疑いで逮捕された。

がんに効くとうたいキノコの一種アガリクスの健康食品を書籍で宣伝したなどとして、警視庁生活環境課は5日、薬事法違反(承認前の医薬品の広告、無許可販売)の疑いで、健康食品販売会社「ミサワ化学」(東京都新宿区)の社長三沢豊容疑者(58)、史輝出版(東京都港区)の役員木村真木容疑者(49)ら計6人を逮捕した。
警視庁によると、出版物の内容が未承認医薬品の広告とみなされ、関係者が逮捕されたのは全国で初めて。三沢容疑者は容疑を認めたが、木村容疑者は「薬事法違反とは思わなかった」と供述している。(共同 10/5)

そして、昨日も、薬事法違反の疑いで財団法人等への家宅捜査が行われた。

東京の財団法人関係者が無許可で医薬品を販売していたとして、警視庁公安部は14日、薬事法違反(無許可販売と未承認医薬品の広告)の疑いで、財団法人「金萬有科学振興会」(足立区)と在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の傘下団体「在日本朝鮮人科学技術協会」(文京区)など計11カ所を家宅捜索した。容疑が固まり次第、財団法人の関係者ら2人を逮捕する方針。
調べによると、関係者らは、医薬品販売に関する国の許可を受けずに2004年5月から今年4月の間、顧客2人に対して医薬品6セットを計約9万2900円で販売した疑い。さらに今年4月から9月の間には、同様に許可を受けていない4製品について、インターネットのホームページに「がん・エイズを撃退する」などと勧誘する広告を掲載した疑いも持たれている。
金萬有科学振興会は1982年に文部省が認可した財団法人で、事務所は医療法人社団成和会・西新井病院の中にある。警視庁公安部などによると、朝鮮総連との関係が深いとされる。(nikkei net 10/14)

キノコの薬事法違反の捜査は、警視庁生活環境課によるものであったが、今回の捜査は、警視庁公安部である。大きく性格が違う。
そして、2人が逮捕された。


在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下団体の関係者による薬事法違反事件で、警視庁公安部は14日午後、医薬品を無許可で販売したなどとして同法違反の疑いで、医薬品製造会社「エムジー製薬」(兵庫県芦屋市)の社長、玄丞培(69)、システム会社「メディア・コマース・リボリューション」(東京都豊島区)の社長、鄭明洙(53)の両容疑者を逮捕した。
いずれも朝鮮総連傘下の在日本朝鮮人科学技術協会(科協、文京区)副会長。科協は在日朝鮮人科学者や技術者でつくる親睦組織で1959年6月に結成された。公安部は、エムジー製薬や科協などの家宅捜索で押収した資料の分析を進める。
調べでは、玄容疑者は昨年5月から今年4月、エムジー製薬は医薬品販売業の許可を得ていないのに、高麗ニンジンなどの成分が入った錠剤や液体の商品6セットを計約9万3000円で世田谷区の男性ら2人に販売した疑い。(共同)

そして、事件の裏が露呈してくる。

警視庁が薬事法違反容疑で朝鮮総連傘下団体を捜索したことに関連し、特定失踪者問題調査会は14日、東京都内で会見し、千葉県内の病院関連施設に、北朝鮮による拉致の疑いが濃厚とされる藤田進さんが監禁されていたとの情報があると発表した。
調査会によると、昨年12月、東京都足立区にある病院の幹部の運転手をしていたと称する男性と都内で面会したところ、「1976年ごろ、千葉県内の病院保養所に監禁されていた藤田さんを車で新潟県糸魚川市まで運び、路上で別の男に渡した」と話したという。
足立区の病院の院長は、14日に捜索を受けた財団法人「金萬有科学振興会」を設立。同会は病院内に事務所があり、逮捕された玄容疑者も理事の一人。同会は14日夜、病院事務長を兼ねる姜恵文事務局長らが会見、「振興会と病院が薬事法違反事件に関与していることは一切ない」と話した。また、病院の顧問弁護士は「病院が拉致に関与している事実は全くない」と述べた。(読売新聞10/14)

金萬有科学振興会の理事長は、「日朝親善」「民主的医療」「社会福祉」を基本精神に医療法人社団を55年に設立。総合病院、診療所や看護学校などを運営している。また、北朝鮮平壌にも姉妹病院がある。(毎日新聞10/14)

足立区の病院とは、医療法人社団成和会「西新井病院」を指し、院長は金萬有氏である。
家宅捜査が行われた「金萬有科学振興会」の事務所はこの病院の中にあった。また、平壌の姉妹病院とは、金萬有病院を指す。

藤田さんは、千葉県内の病院保養所に監禁されたという。
西新井病院のホームページを見ると、病院の3つの福利厚生施設の中に、千葉県勝浦の家、千葉県鴨川海の家の二つがあった。
拉致事件については、今日のsankei webが詳細を載せている。


警視庁による家宅捜索の行方に期待を寄せていた団体があった。
拉致問題に取り組む「特定失踪者問題調査会」だ。捜索先のひとつとなった「金万有科学振興会」が西新井病院(東京都足立区)に入居し、この病院の元関係者を名乗る男性が、調査会が「拉致濃厚」とする藤田進さん(当時19)について「拉致に関与した」と、調査会に告白していたためだ。
「1976(昭和51)年前後、埼玉、千葉、東京方面で一人の男性が拉致された」「若い男性の拉致を手伝わされた」
昨年11月、こんな電話が調査会にかかってきた。翌月、調査会のメンバーは電話してきた男性と接触した。男性は「自分で拉致したのではない」としながらも、具体的な内容を話し出す。
「千葉県にある西新井病院の関連施設に監禁されていた男性を複数の仲間と一緒に車で、糸魚川(新潟県)まで運び、別の人物に引き渡した。男性は泣いていた」「ほかにも女性二人の拉致を手伝わされた。二人は袋に入れられ、顔は見えなかった」
犯行に加担した理由を「脅された」と説明し、自らを「西新井病院で車の運転手をしていた」と明かした。
衝撃の告白をした男性は同月中に、再び連絡してきた。「男性は藤田進さんだ」。藤田さんは東京学芸大に在籍中の51年2月7日、「警備員のアルバイトで新宿に行く」と埼玉県川口市の自宅を出た後、行方不明になっていた。
「自分自身日本人であり、良心の呵責に堪えかねた。自分が関与した藤田さんは、何とか助け出したい」。男性は反省の言葉ももらした。
調査会は今年1月にもこの男性と面会したが、翌月から連絡が途絶えた。「詳細な説明を求めると、はっきりしないところもあるが、全部うそとはいえない」(調査会)。北朝鮮から中国に脱出したとする男性が藤田さんとみられる人物の写真を所持し、鑑定でも「藤田さんと同一人物の可能性が高い」とされた。14日の会見で、調査会は「今回の捜査が、拉致問題の解決の手がかりになることを期待したい」とコメントした。
捜査関係者によると、この男性は警視庁公安部にも「拉致に関与した」と説明。犯行を指示された人物や、藤田さんの身柄を渡した人物の名前も述べたという。
西新井病院は、1987(昭和62)年の大韓航空機爆破事件で服毒自殺した北の工作員「蜂谷真一」こと金勝一(当時69)の偽造旅券に使われた情報を入手したとして、公安部が行方を追っていた李京雨工作員が昭和六十年、肝臓がんで一時入院していたとされる。病院はこの日、会見を開き、「拉致には無関係。調べたが、そういう(証言をした)人が職員だった事実はなかった」などと話した。(sankei web 10/15)

今回家宅捜査が行われたのは、11箇所。新聞記事などから分かるのは、以下の5箇所。
■「金萬有科学振興会」(足立区)
■「西新井病院」(足立区)
■「在日本朝鮮人科学技術協会」(文京区)…在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の傘下団体
■「エムジー製薬」(兵庫県芦屋市)
■「メディア・コマース・リボリューション」(東京都豊島区)

以上を整理してみると次の通りとなる。

薬事法違反でエムジー製薬の社長、玄丞培(69)とメディア・コマース・リボリューションの社長、鄭明洙(53)の二人が逮捕された。
彼らは、財団法人「金萬有科学振興会」の理事でもあり、「在日本朝鮮人科学技術協会」の副会長でもある。「金萬有科学振興会」は西新井病院に事務所がおかれていた。金萬有院長は、北朝鮮の平壌に金萬有病院を設立している。
西新井病院のやとわれ運転手だった男が拉致事件の関与を吐露した。
さらに、1987(昭和62)年の大韓航空機爆破事件に関与されていたという工作員がその2年前に西新井病院に一時入院していた。

在日本朝鮮人科学技術協会は、表面上は、在日朝鮮人科学者や技術者のための親睦組織といわれる。しかし、03年に発覚したジェットミル不正輸出事件では、渋谷区の工作機械メーカーが摘発されたが、実は、この協会を通じて輸出されたことが分かっている。胡散臭いこと、この上ない。

西新井病院のホームページに掲載されている沿革と、これらの事件とを合わせてみる。

1953.05 足立区西新井町1039に西新井病院を創立する
1959.6 在日本朝鮮人科学技術協会設立
1971.12 臓器別専門センター的総合病院化に向けて、増改築開始、循環器センター開設
1973.02 臓器別専門センター的総合病院化増改築工事完了
1976 藤田進さん拉致
1977.06 金萬有科学振興会設立
1982.04 金萬有科学振興会が財団法人となる
1985 工作員が一時入院。
1986.07 姉妹病院 金萬有病院の診療開始(最新式の医療施設を備え、ベット数1300床の東洋で屈指の施設を誇る近代病院となる)
1987 大韓航空機爆破事件
1996.04 金萬有病院の創立10周年を迎える

藤田進さんの拉致、大韓航空爆破事件など、今回、漏れ伝わってくることからすると、否応なく、西新井病院とその院長の金萬有氏に焦点は集まる。
乱暴に想像すると、違法に集められた金は西新井病院に集められ、万景峰号で北朝鮮に送金されているのか。そして、過去も現在も、北の工作は西新井病院で作戦が練られ、実行に移されているのか? 

藤田さん拉致への関連を告白した男は、警視庁公安部へ犯行を指示した人物や、藤田さんの身柄を渡した人物の名前も述べたという。
この情報提供を大きなきっかけとしただろう、今回の公安部による薬事法違反の捜査は、今後、大きな展開を示すかもしれない。

昨年、10月25日の朝鮮新報は、金萬有氏の発言を掲載している。半生を問われ、
「まず、民族ですね。それから地球、地球とは人類のこと。そして自分が生まれた故郷のこと、故郷を忘れた人間は浮き草同然。我々の2、3世はこの点がどうしても弱いと思う。故郷に対する愛情というのは理屈なしなんです。祖国愛、民族愛を決して忘れないようにして欲しい」

今回、関連するホームページのほとんどが閉鎖されている。これは見事な連携が裏にあることを窺わせる。
一方、西新井病院のホームページには、「10月14日の一連の報道」についてというタイトルで、「警視庁公安部が主張する被疑事実なるものが、当該財団法人と全く無関係であることは明白です。」とのコメントが掲載している。

早く全貌を明らかにして欲しい。


(西新井病院)


banner_02.gif
Comment
西新井病院は
「札付き」
として有名でした。

私のような医師は
あのような病院には近寄りません。

非公式のルートによると
かなりの事をやっていますよ。
2005/11/03(木) 15:14:42 * URL * カプラン #-[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/346-33b0031e
・この記事へのトラックバック
食肉・同和のドン浅田満が狂牛病騒動で売上が低迷し、その穴埋めに税金を投入させる方法を思いつき、宗男を使って買取制度を作り上げ、輸入牛肉を国産と偽り、税金をかすめ取ったかどで昨年4月に逮捕された時が食肉・同和のタブーが打ち破られた瞬間であった。今度は朝鮮総
2005/10/15(土) 16:03:41 * かきなぐりプレス
朝鮮総連に捜査のメスが入った。在日朝鮮人による不法行為の摘発に対しての、朝鮮人や朝鮮シンパの政治家などによる妨害行為によって、過去の捜査は中途半端に幕引きされてきたが、今度はどうなのだろうか。在日朝鮮人の傲慢さは、日本国という他国に居住させてもらっている
社団法人青森観光コンベンション協会が運営する「青森ねぶた祭 Official WebSite」の「ねぶた掲示板」問題がおさまりつつあります。ねぶた掲示板の韓国に対する注意を促す人や過激な書込みが問題になりましたが、それが終わっても、常連さん達による傍若無人な振る舞いは継
2005/10/15(土) 21:58:33 * 諸葛川
前の記事: 1.北朝鮮系病院の関係先捜索日本人拉致関連全印総連。全国印刷出版産業労働組合総連合会の略。全労連系。印刷出版業を中心にした労組(約8000人)。「出版労連」は「全印総連」に吸収されたようだ。「出版労連」の幹部は共産党員が中心で、委員長はもちろん、党...
2005/10/16(日) 08:02:08 * 水谷まちこのSPAM大好き!
日本にもスパイ防止法とか必要になっていくんじゃないでしょうか?いったいいくつ位こういう施設があるの有るでしょうか?。
2005/10/16(日) 08:55:04 * 不細工な不ログ
 昨日、在日本朝鮮人で構成される団体『朝鮮総連』(以下総連)傘下の組織に警視庁公安部の捜査のメスが入りました。この組織は『ガン・エイズが治る』という薬を販売し、薬事法違反で2人の逮捕者が出ました。公安事件ですので、他に狙いがあることは明らかですが、北朝鮮系
2005/10/16(日) 12:59:16 * やじざむらい的日々雑感
 警視庁公安部が、朝鮮総連系団体「金萬有科学振興会」、「在日本朝鮮人科学技術協会(科協)」など11団体を家宅捜索した件について、時事通信では西新井病院の関係者が「病院の関連施設に監禁した」という証言をしたと書かれていました。 この件について産経新聞で詳
* Top *