『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「アリラン」の表と裏
2005年10月10日 (月) 22:40 * 編集
今日のところは、後継者話は、スカか?
刮目して待ってはみたものの、なんの音沙汰もない。
世界からの注目をあざけ笑うように、あの人は、昨日、マスゲームとアリランに興じていたという。


ラヂオプレス(RP)によると、北朝鮮の朝鮮中央放送は10日午前のニュースで、9日に平壌で行われた朝鮮労働党創建60周年を祝うマスゲームと芸術公演「アリラン」を金正日総書記が観覧したと伝えた。
訪朝中の中国の呉儀副首相も観覧。
北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長、趙明禄国防委員会第一副委員長、朴奉珠首相、金永春国防委員、金鎰人民武力相、朝鮮労働党の全秉浩書記ら指導部幹部も同席した。(共同)

かの国のマスゲームは、驚異だ。
何千人という子供たちが調和しながら踊るのも凄いが、スタンドに座った数万人の子供たちが色の付いた大きなカードを持ち、それを刻々と持ち変え、全体としての絵を瞬時に変えていくカードセクションは、目を見張るものがある。
昨日、あの人も横に座った中国の呉儀副首相に自慢したのであろう。

このカードセクションの裏側について、中央日報がタイミングよく記事を配信していた。
「北脱出者が語るアリラン公演の子供たちの苦痛」という見出しだ。
以下、原文の構成に手を加えるとともに、抜粋して紹介する。


平壌で開かれているアリラン公演で最も注目されるのは、2万人が動員される大規模カードセクション。スタンドに座った幼い子供たちが、それぞれのカードで幅100メートルを超す華麗な絵を時々刻々変えながら披露するからだ。
しかし、その派手な裏面には参加者たちの人知れない、痛々しい苦労があると北脱出者たちは言う。
北朝鮮専門サイトであるデイリーNK(www.dailynk.com)は、行事参加経験のある北脱出者10人の生々しい体験談を7日、公開した。

■小便を漏らす子供たち
「カードセクションをする子供たちは、休み時間もないので、何時間も席に座っていなければならない。缶などを携帯し、それに小便をする場合もあるが、たいていそのまま堪えてしまう。だから膀胱炎のような病気にかかる。本行事のときは、ぴくりとも動けず、その場に漏らしてしまう子もいる」(ユ・ジソンさん、39)。

■異様に気配りする子供たち
「金日成・金正日父子の顔が登場するカードセクションを担当する場合は、特に気を付けなければならない。カードを落としてしまって顔に傷でもつければ大変なことになるからだ」(チョン某さん、36)

■重さに耐える子供たち
昨年入国したチョン某さんは、1989年5万人規模の行事に参加したときのことを打ち明けた。チョンさんは「カードは250枚あったと思う。厚さは15~20センチ、重さは10~15キロぐらいになる。それを毎日持って通うのは大変だった」と話す。

■体罰を受ける子供たち
「あの広いところで動作を間違えた人がどうしてわかるのか、動作ミスで先生の棒が飛んでくることもあったし、集団で気合い入れさせられたこともあった」

■厳しい訓練を受ける子供たち
イ某さん(35、女)は「5カ月位は午前中、授業して午後に訓練するが、行事の1カ月前からは1日中訓練した」と述べた。また「練習期間中の70~80%は夜12時まで練習した」とし「最初は鼻血を出して倒れる子供が続出するが、何カ月か経てば鍛えられてしまうのか、そんな子供たちはいなくなる」と言った。
演習期間中、お昼は弁当で済ますが、夕食はない。夜の12時まで空腹で練習する。イさんは「北朝鮮の子供たちは糖菓類(キャンディーなど)を食べる機会が少ないため、中間におやつとして支給されるパンや糖菓類は唯一の喜び」とし「それを食べるために苦痛に堪えた」と回想した。
しかし、糖菓類を食べずに弟妹たちに持ち帰る子供たちもいるという。

権力者にこうした苦痛は、伝わらないし、表面(おもてづら)の華やかさしか理解しない。
この国では、権力構造が変わらない限り、こうした苦痛は続いていく。



こんなシーンを想像した。

あの人が列席する中、終盤を迎えたカードセクション。
あの人は、側近を従え、特別席でいつもと同じように目を細め、満足げに見ている。
赤い服を身に着けた一人の少女が、舞台の端から登場し、ゆっくり舞台中央へ進む。
少し間があったあと、彼女は、言う。
「親愛なる将軍様。私たちの声をお聞きください。」
あの人は、続く言葉を想像した。いつも通りの私への賞賛だろう。

次の瞬間、スタンドを埋め尽くした2万人の子供たちが「うおー」という歓声と共に、今まで自席の裏に隠しておいたカードを一斉に頭の上に掲げた。
あの人の表情が見る見る変化していく。
子供たちが掲げたカードには、「金正日よ。お前はこの国から去れ」という文字が大書きされていた。
続いて、子供たちの大合唱が始まった。「金正日よ。お前はこの国から去れ。」 これが連呼される。
驚愕し、怖気づく、あの人。膝は振るえ、顔は引きつる。
容赦なく、なおも続く、子供たちの連呼。
「金正日よ。お前はこの国から去れ」
いつの間にか、側近もこの大合唱に加わり、あの人を皆で指差している。

これは、夢の夢か。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/343-3375bfe1
・この記事へのトラックバック
 ロシアのタス通信が、金正男氏が後継者に選ばれる可能性が最も高いと報じたことが波紋を呼んでいるようです。  北朝鮮は明日10月10日、朝鮮労働党創建60周年を迎えます。その節目を迎えるにあたり、各国関係者の間で金正日総書記の後継者問題に関心が集まっているようで
2005/10/11(火) 00:19:04 * 王道研究
最近になって、北朝鮮の後継者が決まるということで、マスコミが騒ぎ出しました。 日
2005/10/11(火) 01:21:50 * 星空を眺めて
「朝鮮労働党(北朝鮮)創建60周年の記念式典」に関連するブログ記事から興味深いも...
2005/10/11(火) 16:52:47 * ブログで情報収集!Blog-Headline
The Not-So-Funny Pages・・・タイムの記事へ   「平壌(ピョンヤン)」というタイトルで売上を伸ばしている本があります。洋書ですよ。しかも、この日本でさえです。実は、漫画たっぷりで描かれている二ヶ月の滞在記であり、風刺というか、真実というか、韓国との国境を
* Top *