『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドクターの3万8千枚の写真
2005年10月07日 (金) 22:09 * 編集
継続は力なり。
ドクター中松という人物、やはり、珍妙な人物だ。


人を笑わせる研究で科学への関心を高めた功績に贈られる「イグ・ノーベル賞」の栄養学賞に、発明家のドクター中松こと中松義郎さん(77)が選ばれ、6日、米ハーバード大学で授賞式が行われた。
授賞理由は、35年間にわたり自分が食べたすべての食事を撮影し、食べ物が頭の働きや体調、寿命に与える影響を分析したというもの。中松さんは受賞スピーチで「話は短く、寿命は長く」とユーモアたっぷりに話した。
「イグ・ノーベル賞」はハーバード大系のパロディー科学誌が「人々を笑わせ、そして考えさせる」研究に対して贈呈する毎年恒例のイベント。医学、物理学、平和などの賞がある。賞の選考や贈呈役は本物のノーベル賞受賞者らが務める。(共同)

35年×365日×3食=38,325ショットになる。
最近でこそ、デジタルカメラで対応できるが、フィルム式のカメラじゃフィルム代も馬鹿にならない。
38,325/36枚撮り=1,064本
現像もしていたのだろうから、結構な出費だろう。
そもそも、毎食時、出された食事をカメラに収めるというのは簡単そうだが、なかなかできないことだ。
ましてや、写真だけではなく、食べ物が頭の働きや体調、寿命に与える影響を分析したという。
どの程度の分析を加えたのかは分からないが、毎食時、メニューをメモするだけでもできないことだ。

こんな、ドクター中松であるが、ウィキペディアを見ると、彼の胡散臭さが縷々書いてある。
たとえば、「ドクター中松は、フロッピーディスクを発明したと主張しているが、裏づけが公表されておらず、基本特許ではなくて周辺特許の一つだったのではないかと言われている。実際、特許庁にも中松義郎(ドクター中松)によるフロッピーディスク発明の登録はない」とある。
一方、ドクター中松のホームペイジのプロフィールを見ると、「アメリカ大リーグ、ピッツバーグ・パイレーツの始球式を大統領の代わりに行う(野茂や伊良部よりも10年前にマウンドに立つ)」とある。
人格が良く現れた表現ではある。

ところで、「イグ・ノーベル賞」というのは、「人々を笑わせ、そして考えさせる」研究に対して贈呈されるという。
怠惰に無為に生きた寸胴鍋のウン十年というのは、受賞できないだろうか。
「人々を笑わせる」ことはできないまでも、「人々に考えさせる」ことにはなると思うが・・・。


(Dr.NakaMats.com)


banner_02.gif
Comment
はじめまして(*^。^*)/FC2ブログから飛んできました。私はブログは初心者なので、ランキングに載っていらっしゃるあなたのハイレベルなサイトはとても参考になります。。ところで私はある投資法で生活費を稼いでいます。その方法を公開しましたので、よろしければ見に来てください。
2005/10/08(土) 08:16:16 * URL * ポット #-[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/336-0e0ca0c2
・この記事へのトラックバック
ドクター・中松氏記事本文ソースはこちらから(asahi.com)。◆人々を笑わせ深く考えさせてくれる研究に贈られるイグ・ノーベル賞の運営団体は、6日までに発明家のドクター・中松さん(77)に栄養賞を贈ることを決めた。35年間、毎日自分が食べる食事を写...
【ニューヨーク6日共同】人を笑わせる研究で科学への関心を高めた功績に贈られる「イグ・ノーベル賞」の栄養学賞に、発明家のドクター中松こと中松義郎さんが選ばれ、6日、米ハーバード大学で授賞式が行われた。 授賞理由は、35年間にわたり自分が食べたすべての食事を
発明家として知られているドクター中松が、 ノーベル賞ならぬイグ・ノーベル賞を受賞したらしいです。
2005/10/08(土) 00:41:04 * ネットの哲人ブログ
今日、ドクター中松が「イグ・ノーベル賞」を受賞したというニュースがありました。「イグ・ノーベル賞」って初めて聞いたんですけど「人々を笑わせ、そして考えさせる」研究に贈られる賞みたいですね。選考には本物のノーベル賞受賞者が務めているので面白い研究とはいえ権
2005/10/08(土) 02:43:17 * 具象化境
 「イグ・ノーベル賞 大真面目で奇妙キテレツな研究に拍手!」 イグ・ノーベル栄養賞にドクター・中松氏、食べたものを載せているブログってたくさんありますけど、『35年間、毎日自分が食べる食事を写真に収めてた』ってのがすごいですよね。積み重ねの厚みが違いすぎま
2005/10/08(土) 02:47:35 * renkon.jp
日本は、世界でも有数のイグノーベル賞の受賞大国です。イグノーベル賞の受賞実績を見ていると、やはり日本は、政府が旗振って『ああしろ、こうしろ』と叫んで補助金出すより、民間・個人の自由な発想に任せて、研究などを行った方が実績が上がるような気がします。 歴代の
2005/10/08(土) 19:30:15 * 最強!受験戦略!!
今日の記事によると、人々を笑わせ、そして考えさせる研究に対して贈呈する「イグ・ノーベル賞」を受賞したらしい。35年間にわたり自分が食べたすべての食事を撮影し、食べ物が頭の働きや体調に与える影響を分析したらしい。35年間ということは、都知事に立候補していた
万年平男です。ソニー復活なるか!!新型AIBOは屋外型!?先日、タバコを買いにコンビニを訪れると、そこには忠犬ハチ公のごとく飼い主を待つ犬型ロボットのプロトタイプが!!!?遠巻きに見つけてAIBOの新型だと確信した私は、その姿を激写しちゃいました~。愛くるしい短
ドクター中松の発明伝説海外から嬉しいニュースが届きました!!中松氏にイグ・ノーベル賞 35年間、自分の食事撮影本著はドクター中松氏の活躍やプライベートショット満載の写真集です。私は2年ほど前東京・赤坂の「ドクター中松発明館」で3000円で....
2005/10/16(日) 00:02:10 * 我楽侘箱の世界
* Top *