『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
致死量ドーリス似の19℃のロリータ
2005年10月05日 (水) 23:23 * 編集
篠原一という作家も知らなければ、「19℃のロリータ」という小説も知らなかった。楠本まきという漫画家も知らなければ、「致死量ドーリス」という漫画も知らなかった。
こんな輩には、事前チェックなどできない。


集英社は5日、同社発行の文芸誌「すばる」8月号(7月6日発売)に掲載された作家篠原一さんの小説「19℃のロリータ」が、漫画家楠本まきさんの漫画「致死量ドーリス」(1998年、祥伝社刊)と類似し著作権上の問題があるとして、6日発売の同誌11月号に楠本さんと読者へのおわびを掲載することを明らかにした。
おわびは「読者の皆様へ」と題し、読者から「19℃」が「致死量」に類似していると指摘を受け、検討した結果、「看過できる程度でなく類似しており」「事前のチェックが至らなかったことを深く反省」する、としている。
2つの作品はともに、主人公の「僕」と若い女性「君」の物語。自傷癖があるといった女性の造形や、「この部屋のエアコンディションは快適だ」「中途半端に破滅型」といった言い回しなど、複数の類似点が読者から指摘されていた。(asahi.com)

ウィキペディアによると、これは以前から盗作疑惑として話題になっていたらしい。なんと、本人は現在逃亡中とのこと。
ネットで調べると、ずばり、『篠原一「19℃のロリータ」盗作疑惑検証』なんていうサイトがあって、粗筋や言い回しなどについて比較している。
これを読む限り、盗作である。
確信犯であり、ごまかすために小手先で再構成したという感じである。

しかし、集英社の発表には盗作の二文字はない。いわく、「類似し、著作権上の問題がある」、いわく、「看過できる程度でなく類似している」。
この発表はなんとも看過できない。

ところで、「事前のチェックが至らなかったことを深く反省」するとあるが、年間、日本で発刊される漫画や小説の量はどのくらいなのだろう。すごい量だろう。
事前チェックをコンピューターを駆使して行うのではないとすれば、人の記憶に頼るしかない。
編集者は、結構な量の漫画や小説を毎日見たり読んだりしなくてはならないことになる。
仕事とは言え、好みではないジャンルにも気を配らなければならないだろう。
これは大変だあ。

先ほどは、「この発表はなんとも看過できない」なんて過ぎたことを言いました。
編集者の皆さん、ご苦労様です。
そして、作家の皆さん、自分の想像力を発揮して、作品を書きましょう。編集者の手を煩わせないように、盗作はやめましょう。
盗作しなくては作品が書けなくなったとき、そこで、あなたの作家生命は終わりです。チーン。



banner_02.gif
Comment
・TBありがとうございます
ちやほやされていた頃を過ぎてしまった今、こんなことしでかした篠原氏のこの先って……なんて思ったニュースなのでした。
TBありがとうございました!
2005/10/11(火) 16:59:13 * URL * ネム #0QjNWJMw[編集]
・お邪魔します
他作品の盗作話ついでにドーリスもと思って見たらこちらに辿り着きました。
そうですよね、事前に全ての作品をチェックするのは至難の業ですよね。
検証サイトさんのチェック具合には恐れ入りました
2005/10/22(土) 01:52:20 * URL * 成樹 #QvfgIWC6[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/334-5d208278
・この記事へのトラックバック
回収とか販売中止とか、仕事上よくある話なので○○が回収とか盗作の~とか、記事に問題が~なんて報告は別に見慣れてるのだけど末次由紀さんの盗作には、流石に笑った、ははは。まあだいぶ前に検証サイトを見てたのだけど何もそこまであからさまな状態で「模写
2005/10/22(土) 01:38:00 * なるにっき
* Top *