『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巨人での夢は終わった
2005年10月02日 (日) 13:56 * 編集
「わずか38年の人生だが、こんなに涙が出たことはない。」
巨人を退団する清原和博の今後について、昨日、勝手に想像したが、清原本人の声がやっと聞こえてきた。以下、nikkan sprotsより引用。


「無念です。巨人のユニホームで引退するのが夢だったが、それはかなわなかった。わずか38年の人生だが、こんなに涙が出たことはない。球団からは優勝を逃し、テレビ視聴率の低迷、観客動員など、すべて巨人の清原は影響力があると。その責任があるという内容には…。何かできることはないかと言われたが、ご苦労さまとか、ありがとうの言葉はなかった」。

「確かに万全の状態ではなかったが、終わり方としては非常に悔いが残ります。最後まで巨人のユニホームでグラウンドに立っていたかった。ファンの方には、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。ただ、この涙や声援をムダにはしたくないです」。

「いろんなアクシデントがあったが、ケガは順調に回復してます。まだまだ肉体的、精神的に結果を出せる自信があるから、引退せず、来季は他球団でプレーします」。

「やっと整理がついてきたところで(移籍先は)白紙です。来季はどこの球団でプレーするか決定してないが、清原ファンにはどこまでも応援にきてほしいです。巨人での夢は終わりです。これからは野球という夢に向かって頑張っていく決意です」。

シーズン終了後にも清原自ら記者会見して新天地への思いなどを話す意向だという。
早くテレビ画面で彼の肉声を聞きたいものだ。来期、心機一転プレーする球団名を含めて。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/329-eb97de08
・この記事へのトラックバック
 清原が、沈黙を破った。巨人は1日、清原和博内野手(38)を自由契約とすると正式...
2005/10/03(月) 04:06:16 * 仙台ヒゲ屋
* Top *