『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SAYAKA & ANRI
2005年05月22日 (日) 10:29 * 編集
歌手・松田聖子(43)と長女SAYAKA(18)の母娘が絶縁状態にあることが21日、分かった。SAYAKAは同日未明、芸能活動の一時休止を発表したが、その背景には親子の断絶があり、聖子が事実上、自身の個人事務所から娘を解雇したのが実情。SAYAKAは既に自宅から出ており、公私ともに母から独立。恋人のギタリスト、北野正人(30)のバックアップを受け再出発を目指す。 (スポニチ)

「オリビアを聴きながら」「悲しみがとまらない」などのヒット曲で知られる歌手、ANRI(43)が世界的に活躍するフュージョンギター界のカリスマ、リー・リトナー(52)と結婚することが21日、分かった。(サンスポ)

-------------------------------------------------------
横文字の二人。別離と出会い。それぞれちょっと驚きでした。
芸能界で最も仲のいい母娘といわれた聖子&SAYAKA。いまやその関係は修復困難な状況に陥っている。2人の所属事務所社長で祖母の蒲池一子さんは21日未明、SAYAKAの芸能活動休止を発表。その理由について「高校卒業を一区切りとし、この機会にいろいろなことを勉強し、将来のことを考えたいという本人の意思」と説明した。
2人に距離感が生まれたのは、04年6月にSAYAKAが初挑戦した舞台「INTO THE WOODS」(宮本亜門演出)以降。思い切り演じ歌うだいご味を味わったことで、SAYAKAは芸能人としての“自我”に目覚めた。その直後、シングル「水色」の制作で「day after tomorrow」の北野正人に出会い、交際に発展。新進気鋭のアーティストから刺激を受け、母親の指示に意見するようになるうちに亀裂が広がっていった。
SAYAKAは自宅からも出ており、公私ともに“勘当”された格好。聖子は娘のデビュー時に「(芸能活動を)やるとなったら私が守っていく」と誓っていたが、わずか4年で手放した。

衝撃の発言は、コンサートのアンコールで飛び出した。15曲目の「Sky Diver」を歌い終わったANRIは「リー・リトナーさんと婚約しました」とファンに笑顔で報告した。
リトナーは、昭和50年代に起きたフュージョン人気の立役者。主にスタジオミュージシャンとして、著名なアーティストと仕事をしている。
平成12年11月にリリースされたANRIの洋楽カバーアルバム「SMOOTH JAM-Quiet Storm-」の制作の際、プロデューサーと歌手として知り合った。同アルバムは、ANRIの美声を最大限に生かしたリトナーの手腕が高く評価された。
その後、ANRIがリトナーのコンサートに参加し、リトナーのギターに合わせ歌を披露したことも。アーティストとして互いに尊敬しあい、徐々に愛を深めていったようだ。
お互いに再婚同士。順調に行けば、年内にもゴールインとなりそうだ。 (サンスポ)
Comment
こんにちは。

二人の不仲にはビックリです。
早く和解してほしいなあ。
2005/05/24(火) 12:58:38 * URL * まゆ #-[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/30-92132b2f
・この記事へのトラックバック
昨日、記事で上げたSAYAKAの芸能活動休止宣言だが・・・松田聖子との断絶があったみたいです・・・。家も飛び出て、公私共に親離れ。しかし・・・恋人が30歳・・・って、なんか聖子さんが怒るのも解る気がします。
2005/05/22(日) 11:27:12 * 自我崩壊
高校卒業を機に本格的に芸能活動に専念する、というのなら話は分かる。ところが、まるで逆。「高校卒業を一区切りとし、この機会にゆっくりと時間をとっていろいろなことを勉強し、将来のことを考えたい」とコメントを出したのは松田聖子の一人娘SAYAKA。デビュー曲は聖子の
2005/05/22(日) 11:31:38 * かきなぐりプレス
そりゃ、18にもなりゃぁ、言いたいことあるでしょ。お金も持ってるし・・・ で、北野正人は??
* Top *