『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天気と選挙
2005年09月10日 (土) 21:45 * 編集
いよいよ明日、総選挙。
まずは、天気予報からだ。
以下、毎日新聞から抜粋。


最も投票率が上がるのは、曇天や、午前に小雨が降り外出を控えた後に雨が上がるパターン。
夕立ちなどは午後8時までの駆け込み投票を「妨害」する。
気象庁の予報によると、台風15号の影響で沖縄は天気崩れる。
東北、北陸、東海、中国地方は前線の影響で雨。
東京をはじめ他の地方では、曇りが多く、ところどころでにわか雨が降る。
晴れの予想は北海道など一部のみ。

天気からすると、投票率はあまり伸びないみたいだ。
しかし、期日前投票者数が前回比で、17%程度上回り、明日の投票率の高まることを予感させる。


総務省は10日、衆院選の9日現在の期日前投票者数(小選挙区選)が672万5122人だったと発表した。
これをもとにした読売新聞社の推計では、最終的な投票者数は約836万人にのぼる見込みだ。
衆参両院選を通じて、以前の不在者投票時代を含む期日前投票者数の過去最高は、昨年7月の参院選での約717万人だった。今回は、これを100万人以上、上回る見通しだ。
全有権者に占める期日前投票者の割合は8%になる。(読売新聞)

今回の総選挙、その質の程度は別にして、国民の関心は高い。
この関心の高さが投票率に結びつくことを期待しながら、寸胴鍋も午前中に投票に行くことにしよう。天気が崩れる前に。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/294-b7180fa3
・この記事へのトラックバック
* Top *