『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
a general election 2005
2005年09月03日 (土) 14:33 * 編集
ちょっとヤバイ傾向にあるので…。

朝日新聞社が8月29、30日に実施した第5回の連続世論調査によると、総選挙の比例区で投票したい政党は、自民が29%に増え、民主は14%に減った。大都市部で自民を挙げる人の割合が民主を引き離す一方、町村部では民主が自民を追い上げている。(asahi.com 9/1)

日本経済新聞社は8月31日から9月2日に「衆院選ネット調査」を実施し、11日の投票日に向けた有権者の意識の変化をさぐった。自民に投票するとの回答は54%(前回比2ポイント上昇)と高水準を維持し、民主の33%(1ポイント上昇)を引き離している。(nikkei net)

しかし、一縷の望みもある。

朝日新聞社が1、2の両日実施した第6回連続世論調査によると、総選挙公示後のこの時期になっても4割近くの人が選挙区、比例区ともに投票先を決めていないことが明らかになった。とりわけ最大勢力の無党派層では、8割が投票態度を明らかにしていない。(asahi.com)

そんなこんなで、岡田さん、とうとう言ってしまった。

「(新規国債30兆円枠は)首相の最大の約束だったが、わずか1年で放棄した。『そんなことは大したことない』と言って開き直り、自ら借金を重ねた。」
「こんな男に改革ができるのか」(共同)

生真面目一本といわれる人が「こんな男」って発言ねぇ。
まあ、「こんな野郎」や「こんな下衆」でなかっただけ、ましか。
ちょっと自棄(やけ)気味に見える。

一方、こんな男と呼ばれた人は、九州入りし、JR佐賀駅前で演説。


「何で今まで民主党も共産党も自民党までも郵便局だけは民間に開放しちゃいけないと言ってきたのか。それは郵政関係の国家公務員が選挙のときに与野党を熱心に応援してくれたからだ」
「郵政民営化はあらゆる改革につながる」(スポニチ)

相変わらずの一本調子だが、自信にあふれているように見える。

そして、こんな男にひどくムゲにされた人も吠える、吠える。


「首相はヒトラーより最悪だ。ヒトラーは全権委任法という法律を作り、一応法律を守るという形をとりながらやったが、小泉首相は一切法律をお構いなしでやっている」
「刺客が送られ、何人もの政治家が出馬を断念した。いわば『政治的ガス室』に入れられている。私はまだ生き残っているが」(読売新聞 9/1)

元気はありそうだか、ガスが効き始めたように見える。

いよいよあと、一週間余である。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/281-189aba20
・この記事へのトラックバック
* Top *