『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
convenience store
2005年09月02日 (金) 22:58 * 編集
いよいよ、本当の競争が始まった。

セブン-イレブン・ジャパンは3日から、コカ・コーラなど500ミリリットル入りのペットボトル飲料7種類を全国で22円値下げして125円で販売する。また、イオン系のミニストップも3日から、5種類のペット飲料を125円で販売することを明らかにした。24時間営業など便利な代わりに定価販売が常識だったコンビニが、スーパーなどの低価格商品と競争するため、値下げに踏み切る。コンビニも、ついに利益率の高い定価販売だけでは、事業運営が困難になってきた。(毎日新聞)

私達は、コンビニの便利さに金を払っていた。
他の店がすでに閉まっているのに、営業している。そこそこの品揃えもある。一定の質の店員もいる。
安売りのスーパーとの差別は、ここにあった。
しかし、出店が過剰となり、コンビニ間での競争の色合いが強まってきた。
寸胴鍋のよく使う私鉄の小さな駅の前にもセブン-イレブンとローソンがある。
私は特にどちらで買いたいという気持ちはない。どちらも同じような品揃えでサービスも変わらない。どちらで購入しても値段もサービスも同じだからだ。
コンビニは不文律のように定価販売をし続けてきたが、ここでセブン-イレブンが競争の切り札として価格競争を持ちこんだわけだ。
しかし、コンビニ間の競争というより、100円ショップなどとの新しい競争が背景にあるようだが。
セブン-イレブンやミニストップに続いて、当然、ローソン、ファミリーマートもこの競争に加わるはずだ。
いよいよ、本当の勝負となってきた。

まあ、私達には、どうでもいい。
今までの便利さを廉価で手に入れることができるのだから、これ以上いいことはないが、サービスの低下に繋がらないで欲しいと思う。
最近、とみにコンビニの店員の質が低下してるなと強く感じている寸胴鍋としては。



banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/278-cef7985f
・この記事へのトラックバック
あまりコンビニを利用することはない。なぜなら定価販売だからだ。最近はまっているボックスガム。最初だけはコンビニで買った。800円以上した。これがドラックストアーなら599円で売っていることに気づき、益々コンビニから足が遠のいている。たまにコンビニを利用す
2005/09/03(土) 20:31:48 * かきなぐりプレス
セブン-イレブン:「脱定価」路線検討 飲料など値下げhttp://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/20050902k0000m020165000c.html  セブン-イレブン・ジャパンが1日、イトーヨーカ堂などと持ち株会社「セブン&アイ・ホールディングス(HD)」の傘下に入っ
2005/09/03(土) 22:24:14 * elevenworker
* Top *